錦織圭「名を刻めて嬉しい」

錦織圭「名を刻めて嬉しい」

  • tennis365
  • 更新日:2023/01/25
No image

錦織圭(2021年) : 画像提供 ゲッティイメージズ

公益財団法人 日本テニス協会は25日に創立100周年記念式典を都内某所で開催。現在ツアーを長期離脱中の錦織圭からビデオメッセージが届き、「この長い歴史の中に自分も名前を刻むことができて、とても嬉しいです」と語られた。

>>ジョコビッチvsルブレフ 1ポイント速報<<

>>ジョコビッチら全豪OP男子 組合せ・結果<<

昨年1月に股関節の手術を行いツアーの長期離脱を発表した錦織は、同箇所の痛みが引いたあとも肩や足首の痛みなどがあり復帰できず。10月の楽天ジャパンオープンテニス チャンピオンシップス2022(日本 /東京、ハード、ATP500)時には拠点であるアメリカのフロリダにある自宅からリモートでイベントに登場し「先が見えない」と明かしていた。

その後は順調に調整が進み2023年シーズンからチャレンジャー大会などで復帰していくプランを明かしたものの、現時点で復帰の目途はたっていない。

25日、日本テニス協会の創立100周年記念式典に錦織のビデオメッセージが寄せられた。

「テニス協会創立100周年、おめでとうございます。この長い歴史の中に自分も名前を刻むことができて、とても嬉しいです。これからもさらに、また100年の長い月日を重ねてテニス協会がさらに成長できるように僕も応援しています。100年を見届けることはできませんが、200年後も楽しみにしています」

「これからもたくさんの選手が出てくるように僕自身もさらに頑張りますし、皆さんもぜひ一緒に盛り上げていってください。よろしくお願いします。

今月16日、錦織はインスタグラムにフォアハンドのショットを打つ動画を共有するとともに「これぐらいはできるようになってきてるんですが、まだ原因が分からず足首に痛みが出ます。少しでも早く戻って来れるように毎日リハビリ頑張っています」とつづっている。

[PR]全豪オープンテニス 1/16(月)~1/29(日)WOWOWで連日生放送!WOWOWオンデマンドで全コートライブ配信!西岡 良仁ら出場「デビスカップ 日本vsポーランド」2/4(土)2/5(日)WOWOWオンデマンドで独占ライブ配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>

No image

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加