蒼井優、銀獅子賞獲得に「すご過ぎて...」 主演映画「スパイの妻」舞台あいさつ

蒼井優、銀獅子賞獲得に「すご過ぎて...」 主演映画「スパイの妻」舞台あいさつ

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/10/19
No image

笑顔で手を振る(左から)坂東龍汰、東出昌大、蒼井優、高橋一生、黒沢清監督=東京・新宿ピカデリー(撮影・金田祐二)

女優・蒼井優(35)が17日、都内で行われた主演映画「スパイの妻」公開記念舞台あいさつに出席。共演の高橋一生(39)、東出昌大(32)、坂東龍汰(23)、黒沢清監督(65)とともに登壇した。

黒沢監督がベネチア国際映画祭で銀獅子賞(監督賞)を獲得した話題作で、壇上ではトロフィーが披露された。黒沢監督は「現地には行けなかったんですが、ささやかながらも映画の歴史に『スパイの妻』が名を刻めたという実感がわいてきます」と感慨。蒼井は「すごいこと過ぎて、どう言葉を添えていいのか分からないくらい」と祝福した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加