西村晃のスーパー演技!新文芸坐で「赤い殺意」「十三人の刺客」など8本上映

西村晃のスーパー演技!新文芸坐で「赤い殺意」「十三人の刺客」など8本上映

  • 映画ナタリー
  • 更新日:2021/05/02

「映画デビュー70周年 西村晃のスーパー演技!!」と銘打たれた2本立て特集上映が、5月6日から13日まで東京・新文芸坐にて行われる。

No image

「赤い殺意」 (c)日活

すべての画像を見る(全4件)

No image
No image
No image

1951年に銀幕デビューした俳優・西村晃の出演作8本を上映する本企画。西村がブルーリボン賞の助演男優賞を受賞した今村昌平監督作「赤い殺意」のほか、居合の名人・平山九十郎を演じた「十三人の刺客」、度胸がないヤクザの親分役で出演した「北陸代理戦争」、怪奇スリラー「怪談せむし男」などがスクリーンにかけられる。詳細な上映スケジュールは新文芸坐の公式サイトで確認を。

映画デビュー70周年 西村晃のスーパー演技!!

2021年5月6日(木)~13日(木)東京都 新文芸坐
料金:一般 1450円 / 学生 1350円 / シニア、障害者、小学生以下(3歳以上)1200円 / 友の会 1150円
<上映作品>
悪の階段
左ききの狙撃者 東京湾
赤い殺意(1964年)
散歩する霊柩車
十一人の侍
十三人の刺客(1963年)
「怪談せむし男」
「北陸代理戦争」

映画ナタリー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加