テレビの主題歌にも...宇多田ヒカルが亡き母におくった歌とは?

テレビの主題歌にも...宇多田ヒカルが亡き母におくった歌とは?

  • 幻冬舎ゴールドライフオンライン
  • 更新日:2022/09/23
No image

【前回の記事を読む】「クラス仲間は…」旧友との再会で思い出す舟木一夫のヒット曲

スズラン

♪『花束を君に』(宇多田ヒカル)

台所のドアを開けて外に出ると、キーウィーの棚がある。何年か前に苗木を二本買って植えたものだ。多い年は百個程の実を収穫することができる。冬に葉を全部落とした枝に、ぽつぽつと新芽が出始めるのは五月のこと。同じ頃、棚の下の半日蔭の地面には白い花が咲く。スズランだ。何の手入れもしないが、毎年咲く。

十八歳の時、アメリカに留学した。オレゴン州に住むスウェーデン系アメリカ人の家庭がホームステイ先だった。晩秋のある日、ホスト・マザーに誕生日のプレゼントをしようと近くのドラッグストアに行った。

ベビーシッターのアルバイトで得た二ドルで買えるものを探していた私の目に留まったのは、クリーム状の香水だった。ラッピングもしないで手渡すと、社交辞令の得意な彼女は、「どうして私の好みがわかったの?」と大げさに驚いて、何度もお礼を言った。

芳香にうっとりしてから、私の鼻先に差し出す。初めて知ったスズランの爽やかな甘い香りだった。白い瓶には瑞々しい黄緑の葉に包まれるように釣鐘型の白い花が下を向いて咲いている写真があり、その花を見て私はスズランを選んだのだった。

数年前に九十四歳で永眠するまで、ホスト・マザーは毎年私にクリスマス・カードとプレゼントを送ってくれ、送り主はあなたのアメリカの母となっていた。

ところで、宇多田ヒカルの母親は有名な歌手だった。『花束を君に』は他界した母、藤圭子への鎮魂歌であると、小耳に挟んだ。愛しい人に贈る花束を、かぐわしい花、スズランで作ってはどうだろう。

白一色のブーケに、私を忘れないでという花言葉の青い花、ワスレナグサと、優しい思い出という花言葉のツルニチニチソウを数本ずつ加えたら、歌詞にあるような、涙色の花束が出来上がりそう。『花束を君に』はNHKの連続テレビ小説『とと姉ちゃん』の主題歌だったから、知っている人も多いはず。

社交辞令不要の母と娘を繋ぐこの歌は、研ぎ澄まされた旋律と情感ある歌唱が、聴く人の涙腺を優しく刺激する。カラオケ好きの人には歌ってみることを勧めたい。宇多田ヒカルの他の作品よりは歌い易い曲だと思う。

ハナショウブ

♪『ENDLESS RAIN』(X JAPAN)

東京都葛飾区の堀切菖蒲園で花菖蒲が見ごろを迎えていると、数日前に読売新聞が写真を添えて報じた。

市川市で暮らした二十代後半、京成電鉄の堀切菖蒲園駅(上野駅から東に六つ目)近くの英語教室に毎週通って、一日に三コマの小学生英語クラスを担当した。授業後は疲れ果て、どこかに菖蒲園があるのだろうと思いつつ、足を運ぶことはなかった。

別の曜日に、綾瀬と金町の教室でも英語講師をしていて、亀戸等にも代講で出掛け、一週間に150人以上の賑やかな小中学生と過ごし、張り合いのある日々だったが、あの頃はいつも頭がガンガンしていた。

当時の生徒達がどんな大人になったのかと思いを馳せて菖蒲園の花を見て歩けば、案外、中年の働き盛りになった、かつての生徒の誰かとすれ違ったり、ベンチで隣り合って座っていることもあり得る。

六月初めの走り梅雨に遭って、堀切菖蒲園駅傍の店で買ったオレンジ色の傘は、今でも下駄箱の隅にある。大きくて重く、使うことはまずないが、捨てることができない。

雨の季節のメロディアスな曲で、真っ先に浮かび、よく口ずさむのは、X JAPANの『エンドレス・レイン』だ。この歌がヒットしたのは、市川から習志野に移り住んで、何年も経ってからのこと。ピアノ演奏やボーカルの高音が魅力の、当時はビジュアル系のバンドだった彼らの初期の忘れ難い楽曲である。今では世界中にファンも多いと聞く。

アヤメとカキツバタとハナショウブは似ている。外側の花びらの中央に網目の模様があるのがアヤメで、白い眼のような形の模様があればカキツバタで、ハナショウブは黄色い眼のような模様になる。「いずれアヤメかカキツバタ」というフレーズは、甲乙つけがたい美しいものの例えに用いられる。

江戸時代に尾形光琳が描いた金色屏風の花はカキツバタで、琳派を確立した酒井抱一が描写した初夏の水辺の花も、藍色のカキツバタだった。では、花札の五月の植物は何だろう。ハナショウブの可能性もある。

今日の読売新聞の千葉版に、高貴な紫と、清々しい白との二種類の花菖蒲の写真が載った。大きな花だ。近所の公園だから、オレンジ色の折りたたみ傘持参で、マスクを着用して、菖蒲狩りに出掛けてみよう。

広瀬 その

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加