【業務スーパー】栄養がギュッと詰まった小さな野菜がスゴイ! 高コスパ&美肌効果も!

【業務スーパー】栄養がギュッと詰まった小さな野菜がスゴイ! 高コスパ&美肌効果も!

  • ベビーカレンダー
  • 更新日:2021/11/25

40代に入り、肌のかさつきやシミなどが気になるようになってきました。クリームなどを塗って保湿するのはもちろん、バランスの取れた食生活で体の内側からお肌のケアをすることも大切なんだそう。そこでおすすめなのが、アンチエイジング効果も期待できる、小さいのに栄養がギュッと詰まったスゴイ野菜! 今回は業務スーパーマニアのおすすめ冷凍野菜と、おいしい活用法について詳しく紹介します。

No image

小さくて栄養価の高い「芽キャベツ」

No image

おすすめの冷凍野菜は「芽キャベツ」です! スーパーでもたまに見かける程度であまりなじみがなかったのですが、実は積極的にとりたい野菜の一つ。

芽キャベツには、肌荒れや風邪予防に効果が期待できるというビタミンCがたっぷり! なんとキャベツの約4倍も含まれているそうです。また皮膚を健康に保つというビタミンB群や、抗酸化作用があり老化防止が期待できるというβカロテンも多く含まれており、体にうれしい優秀な野菜とのこと。

キャベツをそのまま小さくしたような見た目の芽キャベツですが、キャベツが大きくなる前の芽というわけではなく、別の植物だそうです。

No image

業務スーパーマニアの私は、冷凍の「芽キャベツ」(購入時:159円税込み・500g入り)が業務スーパーで販売されていたのをきっかけに、食べるようになりました。

No image

コスパの良さ、そしていろいろな料理に使えて味もとってもおいしいので、今まで何度かリピートしてきました。そこで簡単調理でおいしい、おすすめの食べ方を紹介したいと思います。

「芽キャベツ」のおいしい食べ方3選!

1. 素材のおいしさを味わう! ペペロンチーノ風
2. たっぷりからめて! チーズフォンデュ
3. 冬の定番! クリームシチュー

【1】素材のおいしさを味わう! ペペロンチーノ風

No image

まずはシンプルでおいしい簡単な一品を。冷凍の「芽キャベツ」は電子レンジ500Wで約3分ほど加熱して解凍します。フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れて炒め、芽キャベツを加え塩こしょうをしてさらに炒めると完成! 芽キャベツの甘みと後味にほんのりほろ苦さも感じられて、素材丸ごとのおいしさをダイレクトに味わえる一皿です。

【2】たっぷりからめて! チーズフォンデュ

No image

続いて、いろいろな具材をそろえて見た目も味も楽しめる、チーズフォンデュ。「芽キャベツ」は冷凍のまま熱湯で3分ほどゆでました。芽キャベツの甘みとシャキっとした食感に、コクのあるまろやかなチーズが相性抜群! わが家のチーズフォンデュにはマストアイテムとなっているくらい、とってもおいしくておすすめの食べ方です。

【3】冬の定番! クリームシチュー

No image

3つ目は冬の定番メニュー、クリームシチューです。コロンとかわいいミニサイズの「芽キャベツ」で緑の彩りもプラスされ、シチューの具材としてぴったり。調理方法は、解凍は必要なく他の具材と一緒に最初から煮込みます。柔らかくクタっとなった芽キャベツも、また甘みが増しておいしいですよ。

まとめ

一般的なスーパーなどではまだ販売されているところも少なく、あまりなじみのない芽キャベツ。業務スーパーの冷凍「芽キャベツ」は常備しておくととっても便利でおいしい、なおかつ栄養もたっぷりのうれしい野菜です。500g入り100円台で、気軽に購入できるコスパの良さも魅力的。気になる方はぜひ店頭でチェックしてみてくださいね。

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、一部店舗では臨時休業や営業時間の変更などを実施している可能性があります。商品購入の際には自分だけではなく周りの方、スタッフの方への感染防止対策を十分におこない、安全性に配慮していただくなどご注意ください。外出を楽しめる日が1日も早く訪れますように!

関連記事:【業務スーパー】コスパ抜群!マニア鬼リピのおいしくて栄養豊富な冷凍品

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!

著者:舞

コストコ・カルディ・業務スーパーマニアの3児の母。学生のころから続けているバレーボールを今でも継続中。家事・育児に追われながらも、なるべく体を動かし健康・若さを保つべく日々奮闘中!

監修者・著者:管理栄養士 久野多恵

管理栄養士の資格を取得後、小児科に勤務。子育て中の親御さんの疑問や悩みが多い事に気づき、自身の学んだ栄養学を活かしたいと感じる。エビデンスに基づいた栄養指導の知識を深め、保健指導に尽力する。自身の出産・育児経験を経て、現在は、行政における乳幼児健診時の離乳食・幼児食相談、妊娠期相談を対面で行う。その他、離乳食教室や母親教室の講義を担当し、初めての子育てに不安なママさんへの疑問に向き合い、一緒に解決する機会を設けている。また、成人期・高齢期の栄養相談、講話なども行い、幅広い層への栄養知識を深める活動をする。1男1女の母であり、現在も子育てに奮闘中。

ベビーカレンダー/ウーマンカレンダー編集室

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加