富山のプロスポーツチームを支援 北陸銀行

富山のプロスポーツチームを支援 北陸銀行

  • 北日本放送
  • 更新日:2021/09/21
No image

富山県内のプロスポーツチームを支援し、地域スポーツを盛り上げようと北陸銀行は15日、「寄贈型SDGs私募債」の新たな寄贈先として富山グラウジーズ、富山GRNサンダーバーズ、カターレ富山を追加した。同日、各団体の代表者も出席して記者会見した。

県内のプロスポーツチームを支援し、地域スポーツを盛り上げようと、北陸銀行は、企業が発行する私募債の手数料の一部をチームに贈る取り組みを始めました。

北陸銀行本店では15日、麦野英順会長とカターレ富山の左伴繁雄社長、富山GRNサンダーバーズの永森茂社長、富山グラウジーズの高堂孝一社長が取り組みについて会見を開きました。

北陸銀行は、15日から企業が私募債を発行する際の手数料の一部を教育機関や自治体などに贈る、「寄贈型SDGs私募債」の新たな贈り先として地元プロスポーツ3チームを加えます。

贈り先は私募債の発行企業が選択できます。

麦野会長は、「地元スポーツを盛り上げ、地域社会の継続的発展に繋げたい」と話しました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加