南野、新本拠1号!ドローも存在感 サウサンプトン移籍後3戦2発

南野、新本拠1号!ドローも存在感 サウサンプトン移籍後3戦2発

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/02/22

◇プレミアリーグ サウサンプトン1―1チェルシー(2021年2月20日)

No image

<サウサンプトン・チェルシー>ゴールを決め、喜ぶサウサンプトン・南の(AP)

イングランド・プレミアリーグで20日、サウサンプトンの日本代表MF南野拓実(26)がホームのチェルシー戦に先発し、前半33分に先制ゴールを決めた。新天地の本拠での初得点となった。その後は強豪を相手に守勢に回りながらも、ピッチを退いた後半31分まで献身的にプレー。6連敗中のチームに攻守で勢いをもたらした。

技ありの先制弾だった。相手の最終ラインにできたスペースに走り込みながらパスを要求。ピタッとボールを止めると、相手GKをシュートフェイントで揺さぶってゴールネットを射ぬいた。これで2月に電撃移籍後、3試合で2得点目。リバプールでの得点を含めて今季3ゴール目で存在価値を証明した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加