皿洗いの前にやると疲れない!? 合気道に学ぶ簡単動作とは

皿洗いの前にやると疲れない!? 合気道に学ぶ簡単動作とは

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2021/04/07

きょう7日(2021年4月)のあさイチは「合気道」特集だった。無駄な力を使わない合気道の極意を身につけると、生活が楽になるという。心身統一合氣道会の藤平信一会長がそのワザを伝授した。

No image

つま先立ちの後に行うと...

あさイチが行った、街行く人々に右手と左手で20キロずつ、計40キロのおもりを持ち上げてもらう実験では、何もせずにやると持ち上げられない人ばかりだった。しかし「つま先立ち」をし、バランスが取れたらかかとを静かに下ろすという動作を行うだけで、スッと持ち上げられるようになった。

つま先立ちをすると体が自然にバランスを取ろうとして、力みのない疲れにくい姿勢になり、無駄な力を使わずに最大の効果が得られるようになるという。

藤平さん「高いところのものを取る時、背伸びしますよね。そんな感じでやると楽にできます。バランスを取りづらい場合は何かにつかまってつま先立ちしても結構です」

かかとを下ろしたら、ひざを曲げて持ち上げたいものを持つ。腕の力で上げるのではなく、持ったまま立ち上がるイメージでひざを伸ばすと持ち上げやすい。

「やってみよう」

スタジオでも、ゲストの佐藤仁美さん(俳優)が、水が入った18キロの灯油タンク。博多華丸・大吉キャスターはそれに5キロのおもりをつけた23キロのものを左右の手に持った。

つま先立ちをする前は、佐藤さんと華丸キャスターは何とか持ち上げられたが、大吉キャスターは「腰がギクっていきそうで怖い」と少しも上げられなかった。

しかしつま先立ちで姿勢を整えると、3人ともスッと持ち上げられた。

藤平さん「バランスの取れた姿勢で持っていることと、腕の力だけではなくて、全身の力で持ち上げています。だから同じ重さでも軽く感じるんです」

鈴木奈穂子キャスター「日常生活でこんなに重いものを持ち上げることはなかなかないと思うんですが、普段の家事とか、ちょっとしたことにも活かせますか」

藤平さん「日常ではもっと軽いものを持ちますが、そのかわり同じ動作を繰り返すじゃないですか。ちょっとずつの無理が積み重なって大きな疲れになるんです。日常の動作もひとつずつバランスの取れた姿勢でやることをおすすめします。私は我が家では皿洗い担当なんですが、つま先立ちをして姿勢を確認した後にやると疲れをほとんど感じないです」

佐藤さん「キッチンにずっと立ってると腰痛くなりますもんね。やってみよう」

(ピコ花子)

J-CASTニュース

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加