鶴竜「いい稽古が出来た」連日の三番稽古で汗

鶴竜「いい稽古が出来た」連日の三番稽古で汗

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/02/21
No image

右肩を痛めた御嶽海(右)を気遣う鶴竜

大相撲春場所(3月14日初日、東京・両国国技館)で進退を懸ける横綱鶴竜(35=陸奥)が、連日の三番稽古で汗を流した。

21日、東京・両国国技館の相撲教習所で行われた、合同稽古2日目に参加。初日に続き、小結御嶽海を指名した。右四つや左四つ、前みつを引いての攻めなど、さまざまな攻めで14番取って全勝。「昨日よりは今日、いい稽古が出来たと思っています」と好感触をつかんだ。

昨年12月に行われた合同稽古は、参加するも相撲は取らなかった。その後、腰痛により初場所を休場。当時と比べると「体の状態はいい。だから稽古が出来る状況になっている。後は飛ばしすぎないように、しっかり焦らずにやっていきたい」と話すなど、調整は順調のようだ。2日間で計30番相撲を取り「もっと出来るんだけど、飛ばさずに余裕を持ちながらやっていきたい」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加