オリックス・能見が負傷降板 左足付近を打球が直撃

オリックス・能見が負傷降板 左足付近を打球が直撃

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/06/10
No image

7回、巨人・松原の打球が当たった足を触るオリックス・能見=京セラドーム大阪(撮影・松永渉平)

(セ・パ交流戦、オリックス─巨人、3回戦、10日、京セラ)オリックス・能見篤史投手兼任投手コーチ(42)が負傷降板した。

6─0の七回に2番手で登板。2死一塁から松原の放った打球が、左足付近を直撃。そのままベンチ裏へと下がり、3番手で村西が告げられた。

試合結果へプロ野球日程へ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加