東野幸治、吉本を辞める決断をした若手時代「植木屋になる」 今田耕司が証言

東野幸治、吉本を辞める決断をした若手時代「植木屋になる」 今田耕司が証言

  • RBB TODAY
  • 更新日:2021/02/21
No image

今田耕司 (Photo by Koki Nagahama/Getty Images)

今田耕司が、20日放送の『伯山カレンの反省だ!!』(テレビ朝日系)に出演。東野幸治の衝撃の過去を暴露した。

若手時代の今田は、ダウンタウンが担当していた帯番組『4時ですよ~だ』(毎日放送)の“後説”を、東野と担当。この“後説”は、放送を終えたダウンタウンが、番組の会場でもある心斎橋筋2丁目劇場を離れるまで客を外に出さないよう、足止めする役割だったという。

そのため今田は、東野とともに、ダウンタウンのサイン入り台本をプレゼントするという名目で、客とジャンケン大会を開催。だが東野はやる気がなさそうにやっていたため、当時、劇場の支配人で現・吉本興業会長の大崎洋氏から激怒さされていたという。

番組終了とともに2人の仕事も減少。だが、新たに吉本新喜劇のセクションに移ることになった大崎氏が、2人を含めた若手を、新喜劇に入らせようとしたのだとか。だが今田によれば、その時東野は、大崎氏に「新喜劇に行くんだったら(吉本を)辞めますわ」と報告したそう。

当時、これを耳にした今田は東野に「吉本辞めてどうすんねん?」と問い詰めると、彼は「植木屋になりますわ」と返してきたという。東野が告げた意外な転職先に「今まで聞いたこともなかった」と驚いたという今田。「『天才バカボン』のパパと同じこと言ってる」と、アニメの途中から植木職人という設定になったパパの話を持ち出して笑いを誘っていた。

杉山実

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加