山梨大など、宇宙で6年間保存したマウスの精子で産仔を作れることを証明

山梨大など、宇宙で6年間保存したマウスの精子で産仔を作れることを証明

  • マイナビニュース
  • 更新日:2021/06/15

山梨大学、宇宙航空研究開発機構(JAXA)、量子科学技術研究開発機構(QST)の3者は6月14日、生物学実験として5年10か月にわたって国際宇宙ステーション(ISS)に保存したマウスのフリーズドライ精子から健康なマウスを作出することに成功したと発表した。ISSから実験サンプルの回収に成功 - 超断熱保冷技術のツインカプセラとは?

また、宇宙放射線に長期間被ばくした精子で受精した胚は、地上で同期間

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加