【JRA】レッドベルジュールが引退、種牡馬に 昨年のデイリー杯2歳S覇者

【JRA】レッドベルジュールが引退、種牡馬に 昨年のデイリー杯2歳S覇者

  • netkeiba.com
  • 更新日:2020/10/17
No image

昨年のデイリー杯2歳S覇者レッドベルジュールが引退、種牡馬に

昨年のデイリー杯2歳S(GII)を制したレッドベルジュール(牡3、栗東・藤原英昭厩舎)は、17日付で競走馬登録を抹消された。今後は、北海道新ひだか町のアロースタッドで種牡馬となる予定。JRAのホームページで同日、発表された。

所属する東京サラブレッドクラブのホームページによると、喉の異常のため、現役続行を断念したとのこと。

レッドベルジュールは父ディープインパクト、母レッドファンタジア、その父Unbridled's Songという血統。

通算成績は3戦2勝。獲得賞金は4540万6000円。昨年12月15日の朝日杯FS(GI・10着)がラストランとなった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加