NEW
ロゴとアプリ版リニューアルのお知らせ
秋田南が競り勝ち決勝へ V弾の下間拳真「思い切り振り抜いた」/秋田

秋田南が競り勝ち決勝へ V弾の下間拳真「思い切り振り抜いた」/秋田

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/07/21
No image

秋田南対秋田商 試合に勝利し笑顔をみせる秋田南ナイン(撮影・佐藤究)

<高校野球秋田大会:秋田南5-3秋田商>◇21日◇準決勝◇こまちスタジアム

第7シードの秋田南が、5-3で秋田商に競り勝ち、決勝に駒を進めた。

3-3の6回無死一塁。5番下間拳真外野手(3年)が、左翼ポール際へ勝ち越し2ランを放ち、これが決勝点となった。「甘く入ってきたスライダーを思い切り振り抜いた。チームに勢いを与えられた」と、公式戦初本塁打を笑顔で振り返った。

決勝は23日、最速157キロ右腕、風間球打(3年)を擁する明桜と対戦する。石川聡監督は「早いボールの対策はやってきた。自信を持って、選手を送り出したいと思います」と意気込んだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加