みやぎ生協 配達灯油値上げへ 1リットルあたり「111円」の見通し 11月29日から〈宮城〉

みやぎ生協 配達灯油値上げへ 1リットルあたり「111円」の見通し 11月29日から〈宮城〉

  • 仙台放送ニュース
  • 更新日:2021/11/25
No image

仙台放送

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

原油価格の高騰を受けて、みやぎ生協は、11月29日から、灯油の値上げを決めました。こうした中、東北6県の生活協同組合連合会は、東北経済産業局に対し、消費者が適正な価格で灯油を買い求められるよう、要請しました。

県生協連 野崎和夫 専務理事

「灯油は東北に住む私たちの暖房熱資源として不可欠で生活必需品。安定した価格で供給されることが極めて大事」

東北経済産業局に要請を行ったのは東北6県の生協連です。要請では灯油の価格を安定させるための対策や、コロナの影響で、困窮する家庭への灯油の購入費支援などを求めています。

要請に対して、東北経済産業局は「石油製品の価格の推移を注視し、具体的な施策を検討していきたい」と応じました。

原油価格の高騰を受けて、みやぎ生協では11月29日から、灯油の値上げを決めました。みやぎ生協では、1リットルあたりの配達価格を11月1日、すでに9円値上げして「107円」としていました。

29日からは2度目の値上げとなり、1リットルあたり「111円」になる見通しです。1リットルあたりの価格が110円を超えるのは、2008年以来の水準だということです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加