美は細部に宿るといいますが、コイツは全身が美しすぎるターンテーブル

美は細部に宿るといいますが、コイツは全身が美しすぎるターンテーブル

  • ギズモード・ジャパン
  • 更新日:2021/07/20
No image

Image:Pro-Ject

美音マシーンでしょこれは。

もうね、佇まいからして素晴らしい。表に見えるのはプラッター、アーム、スイッチだけ。こんなにもシンプル極まるターンテーブルって、あるんだ。しかも雲を突き抜けるくらい高いのかなと思ったら、お値段899ドル(約9万8000円)でした。

No image

Image:Pro-Ject

メーカーはオーストリア発のPro-Ject。50万円超えのタンテも作り続けてきたプレミアムオーディオメーカーで、この「Debut PRO」はカジュアルラインであるDebutシリーズの最新作かつ創業30周年記念モデルです。

No image

Image:Pro-Ject

カーボンファイバー巻きのワンピース・トーンアームはアルミニウム製。ニッケルメッキの淡い金色が差し色となるベアリングブロックや、アルミダイキャストのプラッターなど、想像以上に豪華な作り込みです。

No image

Image:Pro-Ject

これはアナログレコードの盤面が映えるよなあ...。素敵音楽空間、作れちゃうよなあ...。

Source:Pro-Ject

武者良太

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加