アルモドバル監督、ケイト・ブランシェット主演「掃除婦のための手引き書」映画化から降板

アルモドバル監督、ケイト・ブランシェット主演「掃除婦のための手引き書」映画化から降板

  • 映画.com
  • 更新日:2022/09/22
No image

ペドロ・アルモドバル監督 Photo by Amy Sussman/Getty Images for Deadline

作家ルシア・ベルリンのベストセラー小説「掃除婦のための手引き書」をオスカー女優のケイト・ブランシェット主演で映画化する新作「A Manual for Cleaning Women(原題)」から、ペドロ・アルモドバル監督が降板したと米Deadlineが報じた。

オール・アバウト・マイ・マザー」「ペイン・アンド・グローリー」などで知られるスペインの巨匠、アルモドバル監督にとって初の英語長編作品となるはずだったが、この企画を手がける準備が自分にはできていないと判断し離脱を決意したという。アルモドバル監督は「とても苦しい決断だった。ケイトと一緒に仕事するのが長年の夢だった。(本作のプロデュースを手がけるブランシェットの製作会社)ダーティ・フィルムズはこれまでずっと協力的で、わたしはうれしくて舞い上がっていたけれど、残念ながらこの映画を完璧に表現することは自分にはできないと気づいた」と語った。ダーティ・フィルムズはアルモドバル監督の決断を尊重し、将来また別の作品で組めることを願っているとコメントを発表。現在、新たな監督を探しているという。

「掃除婦のための手引き書」は要求のきついさまざまな仕事を抱える女性たちのストーリーを綴った43篇からなる短篇集。新作はブランシェットが主演に加え、ダーティ・フィルムズを通じてパートナーのアンドリュー・アプトン(「ロスト・ストーリー 現代の奇妙な物語」)、ココ・フランチーニ(「林檎とポラロイド」)とともにプロデューサーを務めるほか、ブライアン・オリバー(「1917 命をかけた伝令」「ロケットマン」)とブラッドリー・J・フィッシャー(「サスペリア」)とプロデュースする。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加