柏から母国へレンタルも...エメルソン・サントスがデビュー前に長期離脱

柏から母国へレンタルも...エメルソン・サントスがデビュー前に長期離脱

  • Football Tribe Japan
  • 更新日:2022/08/06
No image

エメルソン・サントス 写真:Getty Images

ブラジル人DFエメルソン・サントス(27)は先月29日、明治安田生命J1リーグの柏レイソルからブラジル1部アトレチコ・ゴイアニエンセへ期限付き移籍。しかしデビュー前に重傷を負い、今季中のプレーが絶望的となったようだ。5日、ブラジルメディア『BOLA VIP』が伝えている。

エメルソン・サントスは昨年3月23日、ブラジル1部パルメイラスから柏レイソルへ完全移籍。昨季はJ1リーグで8試合の出場にとどまっていた。そして今季も公式戦ほぼ全試合でメンバー外となると、2023年12月までのレンタル移籍によりアトレチコ・ゴイアニエンセへ加入することが決まっていた。

しかし『BOLA VIP』の報道によると、同選手は今週のトレーニング中に左足アキレス腱を断裂したとのこと。負傷箇所を手術するものとみられ、今季中にアトレチコ・ゴイアニエンセでデビューすることがほぼ不可能であるようだ。

またアトレチコ・ゴイアニエンセはエメルソン・サントスの負傷離脱をうけて、すでに代替のディフェンダー獲得に動いているという。

なお『BOLA VIP』は、柏レイソルがエメルソン・サントス獲得でブラジル1部パルメイラスに移籍金900万レアル(当時約1億7000万円)を支払ったこともあわせて伝えている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加