スプリング・リバーブを搭載し、現代的な改良を加えたモーガン・アンプリフィケーションの真空管コンボ・アンプ

スプリング・リバーブを搭載し、現代的な改良を加えたモーガン・アンプリフィケーションの真空管コンボ・アンプ

  • ギター・マガジンWEB
  • 更新日:2023/01/25

アメリカのブティック・ギター・アンプ・ブランドであるモーガン・アンプリフィケーション(Morgan Amplification)より、ギター用コンボ・アンプの新製品“PR12 Combo”が登場した。

本モデルは、1960年代に登場したスプリング・リバーブ・ユニットを搭載したクラシック・アメリカン・アンプを基本に、現代のギタリストの要求に合わせてカスタマイズを加えたハンド・ワイアードのアンプだ。

プリ真空管に12AX7を3本、パワー真空管に6V6を2本、整流管には5AR4を搭載した1チャンネルのオール・チューブ仕様で、12Wの出力を備えている。

外装には傷の付きにくい丈夫なバリスティック・ビニール・レザーが採用されており、トワイライトとドリフトウッドという名称の高級感あふれる2つのカラーが用意されている。

No image

トワイライト

No image

ドリフトウッド

スピーカーはセレッションのG12M-25 Greenback(16Ω)を1基搭載。密度の高いバルチック・バーチ・プライウッドのバッフル板にしっかりと固定することで、エネルギー・ロスを最小限に抑えており、低音域の再生にも大変優れている。

またオープン・バックの構造と組み合わせることで、545mm(高さ)× 460mm(幅) × 255mm(奥行)という小さなサイズながらも、芯とパンチのあるパワフルなサウンドを生み出すようになっている。

No image

コントロールは、オーバードライブ領域まで網羅したボリュームと、可変域の広い2つのトーン(トレブルとベース)、リバーブ、ドゥエルの5つのみ。

No image

リバーブのオン/オフは、付属のフット・スイッチで切り替え可能だ。

No image

パワー・スイッチをオンにすると、前面の左上にあるMORGANロゴのバックライトがほんのりと灯るようになっている。

No image

またこのアンプは、モダンまたはビンテージといったタイプに関係なくエフェクト・ペダルともよくマッチし、ファズ、ブースト、オーバードライブ、フェイザー、フランジャー、トレモロ、ワウや、様々なディレイとも相性抜群なものとなっている。

Morgan Amplification PR12 Combo

【スペック】
出力(RMS):12W
出力(Peak):33W@16Ω(Max)<搭載スピーカー使用時>, 60W@8Ω(Max)<外部8Ωスピーカー1台使用時>
プリ真空管:12AX7 × 3
パワー真空管:6V6 × 2
整流管:5AR4
コントロール:Power Switch, Standby Switch, Dwell Control, Reverb Control, Bass Control,Treble Control, Volume Control
対応電源:100VAC, 50/60Hz
搭載スピーカー:セレッション G12M-25 Greenback (16Ω)
スピーカー出力端子:16Ω x 1, 8Ω x 1
外形寸法:H545 × W460 × D255mm(突起物含む)
重量:約17.2kg

【価格】
オープンプライス

康晴中島

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加