マーベル・コミックス編集長「東京コミコン2022」アーティストアレイに期待!「次のマーベル作家が出てくるかもしれない」

マーベル・コミックス編集長「東京コミコン2022」アーティストアレイに期待!「次のマーベル作家が出てくるかもしれない」

  • MOVIE WALKER PRESS
  • 更新日:2022/11/25
No image

マーベル・コミックスの編集長を務めるC.B.セブルスキーが「東京コミコン2022」に登場!

マーベル映画の“原点“であるマーベル・コミックスの編集長を務めるC.B.セブルスキーが11月25日、幕張メッセで開催中の「東京コミックコンベンション2022」(略称:東京コミコン2022)のアーティストアレイ特別ステージに登壇した。

【写真を見る】「東京コミコン2022」のアーティストアレイにC.B.セブルスキーも参戦!

「東京コミコン2022」では、個人で活動している漫画家やアニメーター、アーティストが作品展示をするために出展するブース、アーティストアレイを実施中。作品展示の他にも、各アーティストによってファンの要望に応じてイラスト制作を行うコミッションや、作品の販売も行なっている人気コーナーだが、今回はセブルスキーも同企画に参加している。セブルスキーのブースでは先着でポストカードを配布、時間によってはセブルスキーがサインをするタイミングもあるという。

作家陣のラインナップを見渡したセブルスキーは、「絵を描くだけではなく、おもちゃを作ったり、ラメを使っている方など、いろいろな種類の作家さんが見られる。とても楽しい」と今年のアーティストアレイの印象を吐露。「伝説的な作家さんである麻宮騎亜さんやライアン・ベンジャミンさん、アレックス・シンクレアさんもいれば、僕も知らなかったような新人作家もいる。もしかしたら、このなかから次のマーベルの作家が出てくるかもしれない。そういった方と会えるのも楽しみにしている」と期待し、司会を務めたアメコミ編集、翻訳家の柳亨英は「東京コミコンならではの、アーティストアレイになっている」と話していた。

またこの日は、声優の花輪英司と、女優、タレントの才原茉莉乃も参加。『エターナルズ』(21)ではデイン・ウィットマン、アニメ「ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ」と「マーベル フューチャー・アベンジャーズ」ではアイアンマン、ドラマ「エージェント・オブ・シールド」ではウォード、『アメイジング・スパイダーマン2』(14)ではアリスター・スマイスを演じるなど数々の吹替えを担当し、マーベルとは縁深い声優とも言える花輪。セブルスキーも「忙しいですねえ」と日本語で花輪の活躍を称えるなか、柳が「来年のコミコンでは、ボイスドラマをやる企画があったらおもしろいかもしれない」と提案した。

セブルスキーは「うしろに作家さんの絵を流しながら、それに合わせて声を演じてもらうのもいいかも」と続き、「『ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ』のアフレコを見に行ったことがある。声優さんたちも技術を持ったアーティストだと思った。本当にすばらしい技術だった。声優さんが演じているのを見られる機会があれば、よりその仕事のすばらしさを伝えることができると思う。声優もアーティストとしてフューチャーできれば」と声優の仕事に最敬礼。「うれしい」と目尻を下げた花輪は、「音で聴くマーベルコミックなど、耳でも楽しんでいただけるコンテンツがあるといいなと思う」と語り、才原も「めちゃくちゃ見たい」と声を弾ませていた。

「東京コミコン2022」は、千葉県・幕張メッセで11月25日から11月27日(日)まで開催。

取材・文/成田おり枝

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加