千秋楽結び、いざ決戦 貴景勝と追う照ノ富士―大相撲11月場所

千秋楽結び、いざ決戦 貴景勝と追う照ノ富士―大相撲11月場所

  • 時事通信社
  • 更新日:2020/11/21
No image

志摩ノ海(左)を攻める照ノ富士=21日、東京・両国国技館

賜杯の行方は2人に絞られた。上位陣でただ一人出場して重責を背負う大関貴景勝と、序二段から復活して三役復帰を果たした小結照ノ富士。1差でぶつかる千秋楽結びで互いの思いが交錯する。

貴景勝は御嶽海を一方的に突き出した。1敗で単独トップを守っても「きょうの一番に集中していた」。いつもの言葉を繰り返し、気負いは感じさせない。照ノ富士も幕尻志摩ノ海との2敗対決でも落ち着いていた。右下手を引いてつかまえ、慎重に攻めて寄り切った。

照ノ富士は先場所終盤で左膝が悲鳴を上げた。今場所は問題なさそうだが、優勝には本割と決定戦で連勝しなければならない。八角理事長(元横綱北勝海)は「2番取って膝が持つかどうか。貴景勝が有利なのは間違いない」とみている。

志摩ノ海の健闘で割が崩されたこともあり、本来なら千秋楽での対戦はなかった2人が結びで激突する。貴景勝が「一生懸命やることだけを考えたい」と言えば、照ノ富士も「集中してやるだけ」。両者とも雌雄を決する一番に向かう心持ちにぶれはない。

時事通信社

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加