「やっと回ってきた出番」で完封に貢献。雌伏の時を経て、磐田のGK三浦龍輝は飛躍できるか

「やっと回ってきた出番」で完封に貢献。雌伏の時を経て、磐田のGK三浦龍輝は飛躍できるか

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2021/04/06
No image

先発に抜擢された岡山戦で完封勝利に貢献した三浦。久々の出場だったが、見事期待に応えてみせた。写真:田中研治

ジュビロ磐田は敵地での前節ファジアーノ岡山戦で1-0の完封勝利を収めた。クリーンシートは今季初。ゴールマウスに立ったGK三浦龍輝は「ホッとした」と安堵する。

「やっと回ってきた出番で、必ず勝たなければいけないってことは自分でも分かっていたし、勝つのは前提として、自分のパフォーマンスも求められるのは分かっていたので」

開幕からベンチ入りが続くも出場はなし。この岡山戦で先発に抜擢され、見事期待に応えてみせた。もっと言えば、公式戦の出場は2年ぶり、Jの舞台は実に3年ぶりだった。

「去年は怪我もあって、なかなか練習もできない日が続いたんですけど、今回のリーグ戦のようにスタメンで出ることを目標にやっていたので、まずひとつ良いステップになったかなと思います」

ピッチに立てない悔しさはあったが、焦らず自らを高めることに専心した。

「メンバーに絡めないとか、怪我でできないとか、もどかしさはあったけど、一喜一憂せず、長い目で見て、昨日の自分よりも少しずつ成長していれば、チャンスがある時に必ず良い結果なり、自分の満足いくプレーができると思っていたので」

自慢のビルドアップも向上させた。

「パスだけじゃなくて、攻撃につながるフィードとかも自分は得意。そこに磨きをかけたり、ゴールキックひとつにしても球の球種をいくつか持つとかは、個人のトレーニングでも力を入れているところではあります」
不断の努力を続け、チャンスを掴んだ岡山戦でひとつの成果を得ることができた。次節はホームでの松本山雅FC戦。本拠地ヤマハスタジアムでも勝利に導くパフォーマンスを見せることができるか。

「今まではサブでいることも多かったし、自分が試合に出て勝つということは、少なかった。こういうチャンスをモノにして一つひとつ勝っていって、監督やサポーターからちょっとずつ信頼されるようになっていけば、チームとしても良い結果につながっていくのではないかと思います」

飛躍への扉を開いた守護神・三浦のさらなる活躍に注目だ。

構成●サッカーダイジェストweb編集部

【J2第6節PHOTO】岡山0-1磐田|ルキアンの見事なコントロールショットが炸裂!磐田が無失点勝利!!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加