力士の身体能力に館内騒然 華麗な受け身に「大回転」「弾むようなゴロン」視聴者も驚き

力士の身体能力に館内騒然 華麗な受け身に「大回転」「弾むようなゴロン」視聴者も驚き

  • ABEMA TIMES
  • 更新日:2022/11/25
No image

<大相撲十一月場所>◇十二日目◇24日◇福岡・福岡国際センター

前頭九枚目・隆の勝(常盤山)が前頭三枚目・宇良(木瀬)を押し倒しで下した一番で、敗れた宇良が高い身体能力を発揮して華麗な受け身を披露。館内が沸き、視聴者から「大回転」「弾むようなゴロン」といった声が殺到する一幕があった。

【映像】力士 驚異の身体能力に館内騒然

立ち合いふわりと立ち上がってから素早く頭を下げて潜り込もうとした宇良。だが作戦は通用せず、宇良の動きを読んだ隆の勝が落ち着いて手を出して応戦。そのまま隆の勝が強烈なのど輪で攻めると、最後は押し倒しを決めて5勝目を挙げた。宇良は敗れた際、側転をするように大胆な受け身を取り、館内からは大きな歓声が上がった。宇良は10敗目。

取組を受けて、ABEMAで解説を務めた元小結・松鳳山は「隆の勝、冷静でしたよね」と一言。続けて「こうやって色々動いてきたり潜ってきたりする相手に対して、(隆の勝は)しっかり見て立って距離を保ちながら相撲を取るのがすごく良いと思います」と称賛した。

豪快に転がった宇良の受け身に、視聴者からは「宇良コロリン」「大回転」「転がっちゃった」「弾むようなゴロン」といったコメントが相次いで寄せられた。(ABEMA/大相撲チャンネル)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加