ロッテ・マーティン右足甲付近に自打球、倒れ込むもプレー継続 9月にも当て負傷

ロッテ・マーティン右足甲付近に自打球、倒れ込むもプレー継続 9月にも当て負傷

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/10/15
No image

2回、右足に自打球を当てるマーティン(撮影・高部洋祐)

「オリックス-ロッテ」(14日、京セラドーム大阪)

ロッテのマーティンが痛めていた右足甲付近に自打球を当てる場面があった。

二回、2死一塁の場面で、宮城との対戦で打球を右足甲付近に当てた。打席付近に倒れ込み、痛そうにしていただけではなく、この後のスイングでも痛みが残っている様子がうかがえた。

右足甲は9月にも自打球を当てて骨折していた箇所なだけに、今後のプレーに影響がないか心配される。なお、マーティンはこの打席では三振に倒れた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加