ダイアン・レイン×ケビン・コスナー共演 1960年代舞台のサイコスリラー『すべてが変わった日』公開

ダイアン・レイン×ケビン・コスナー共演 1960年代舞台のサイコスリラー『すべてが変わった日』公開

  • クランクイン!
  • 更新日:2021/06/10
No image

映画『すべてが変わった日』ティザービジュアル<画像を拡大する>

女優のダイアン・レインと俳優のケビン・コスナーの最新作『LET HIM GO(原題)』が、邦題を『すべてが変わった日』として8月6日に公開されることが決定。併せてダイアンとケビンの姿が大きく描かれた日本版ティザービジュアルが解禁された。

【写真】美しい! ダイアン・レイン、2017年には主演映画『ボンジュール、アン』で来日

本作は、これまでも共演経験のあるダイアンとケビンというハリウッドを代表する円熟味溢れるスターが顔を合わせ、1960年代を舞台にした西部劇の香りを纏わせたサイコスリラー。全米興行収入ランキングでは、初登場第1位を記録している。

出演は2人のほか、『ファントム・スレッド』の名演で数々の映画賞にノミネート・受賞を果たしたレスリー・マンヴィル、『プライベート・ライフ』のケイリー・カーター、日本では海外ドラマ『バーン・ノーティス 元スパイの逆襲』の主演として人気を博したジェフリー・ドノヴァン、ディズニーチャンネルオリジナルムービー『ディセンダント』のジェイ役で注目を集めたブーブー・スチュワートが脇を固める。

1963年、モンタナ州の牧場。元保安官のジョージ・ブラックリッジと妻のマーガレットは、落馬の事故で息子のジェームズを失う。3年後、未亡人として幼い息子のジミーを育てていた義理の娘のローナが、ドニー・ウィボーイと再婚。暴力的なドニーがローナとジミーを連れてノースダコタ州の実家に引っ越したと知ったマーガレットは、義理の娘と孫を取り戻すことを決意する。しかしジョージとマーガレットを待ち受けていたのは、暴力と支配欲ですべてを仕切る異様な女家長、ブランシュ・ウィボーイだった…。

公開された日本版ティザービジュアルは、大きく描かれたダイアンとケビンの姿と、燃え盛る家屋から逃げてきたと思われる2人の人物が切り取られたデザイン。ダイアンとケビンに何が待ち受けているのか? 不穏な雰囲気が想像を掻き立てるビジュアルとなっている。

映画『すべてが変わった日』は8月6日より全国公開。

クランクイン!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加