迷宮歌劇「美少年探偵団」上演決定、阿久津仁愛・立花裕大が爽快青春ミステリーに挑む

迷宮歌劇「美少年探偵団」上演決定、阿久津仁愛・立花裕大が爽快青春ミステリーに挑む

  • ステージナタリー
  • 更新日:2021/10/14

迷宮歌劇「美少年探偵団」が12月31日から来年1月10日まで、東京・天王洲 銀河劇場で上演される。

No image

迷宮歌劇「美少年探偵団」ビジュアル

すべての画像を見る(全9件)

No image

迷宮歌劇「美少年探偵団」は、西尾維新による小説「美少年シリーズ」をもとにした舞台作品。2015年に原作となる小説が講談社タイガより刊行され、2016年にコミカライズ、今年4月にはテレビアニメ化された。劇中では私立指輪(ゆびわ)学園を舞台に、校内のトラブルを非公式、非公開、非営利に解決するとうわさされる謎の集団・美少年探偵団の活躍が描かれる。

No image

舞台版では畑雅文が脚本、三浦香が演出を手がけ、美少年探偵団の団長である双頭院学役を阿久津仁愛、副団長・咲口長広役を立花裕大が演じる。そのほかのキャストには永田聖一朗、奥田夢叶、北川尚弥、齋藤かなこ、廣野凌大立道梨緒奈らが名を連ねた。彼らがどんな“爽快青春ミステリー”を立ち上げるのか注目だ。

西尾は舞台化に際し、「観客席から、皆様の『美観』を通して、次元を超えた美少年探偵団の美しいチームワークの目撃者となっていただければ幸いです」とコメントを寄せた。チケットのオフィシャル先行は10月22日12:00にスタート。一般販売は11月27日10:00に開始される。

西尾維新コメント

最も現実離れした探偵団として書かれた美少年達が、最も現実に近い舞台というステージで躍動することに、驚きと喜びを禁じ得ません。果たして壇上では、どういった「美食」が饗され、如何なる「美声」が響き、どれほど「美脚」が輝き、幾重の「美術」に彩られ、なんたる「美学」が語られるのか? 観客席から、皆様の「美観」を通して、次元を超えた美少年探偵団の美しいチームワークの目撃者となっていただければ幸いです。

迷宮歌劇「美少年探偵団」

2021年12月31日(金)~2022年1月10日(月・祝)
東京都 天王洲 銀河劇場

原作:西尾維新「美少年シリーズ」(講談社タイガ)
キャラクター原案:キナコ
脚本:畑雅文
演出:三浦香
音楽:TAKA

出演:阿久津仁愛、立花裕大、永田聖一朗、奥田夢叶、北川尚弥、齋藤かなこ / 廣野凌大、立道梨緒奈 ほか

(c)迷宮歌劇「美少年探偵団」製作委員会 (c)西尾維新/講談社

ステージナタリー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加