橋本聖子会長 五輪への支持率低下の声に「安心につながっていない現状が不安を抱いている」

橋本聖子会長 五輪への支持率低下の声に「安心につながっていない現状が不安を抱いている」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/07/21

東京五輪・パラリンピック組織委員会は20日、都内で記者会見を開いた。五輪への国民の支持率が下がっていることについて、橋本聖子会長は「あと3日に迫った東京大会の開会式。ここに来て、支持率が少し落ちてしまっているという思いはある。なぜそうなったのかは私なりに承知している」と語った。

No image

東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長

選手村では新型コロナ感染者が相次ぎ、安心安全を標榜した大会の目標は早くも崩れつつある。橋本会長は「しっかりとした検査態勢を整え、バブルを作り、国民の皆さんに安心していただけるように、まずは安全であることを構築しようとしてきた」とした上で「心配されていたように、まったく感染者0に抑えられていないことに、とくに最近はこれで大丈夫かと。安全であったプレーブックが安心につながっていない現状が不安を抱いていると思う」と現状認識を示していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加