「マサカリ投法」村田兆治容疑者を羽田空港で現行犯逮捕 女性検査員に暴行容疑 通算215勝

「マサカリ投法」村田兆治容疑者を羽田空港で現行犯逮捕 女性検査員に暴行容疑 通算215勝

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/09/24

プロ野球ロッテで通算215勝を挙げた「マサカリ投法」で知られる村田兆治容疑者(72)が23日、現行犯逮捕されたことが分かった。

No image

村田兆治容疑者

本紙の取材によると、村田容疑者は羽田空港保安検査場の女性検査員の左肩を強く押すなどしたという。午後1時すぎに110番通報を受けて駆けつけた警察官によって暴行の疑いで現行犯逮捕された。

警視庁は現在、詳しい状況を調べている。

◇村田 兆治(むらた・ちょうじ)1949年(昭24)11月27日生まれ、広島県出身の72歳。福山電波工(現近大福山)から67年ドラフト1位で東京(現ロッテ)入団。ダイナミックの投球フォームは「マサカリ投法」と呼ばれ、75、76年に2年連続最優秀防御率、81年に最多勝に輝いた。翌82年に右肘を故障し、85年には17勝を挙げカムバック賞。90年に現役引退。通算成績は604試合で215勝177敗33セーブ、防御率3・24。95~97年はダイエー(現ソフトバンク)投手コーチを務めた。05年に野球殿堂入り。右投げ右打ち。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加