乗り心地抜群で積載力も文句なし!「新型日産ノートe-POWER」【今月のドッグフレンドリー・カー】

乗り心地抜群で積載力も文句なし!「新型日産ノートe-POWER」【今月のドッグフレンドリー・カー】

  • PETomorrow
  • 更新日:2021/11/25

今月のドッグフレンドリーカー 日産ノートe-POWER

No image

やがて世界中のクルマが電気で走るようになる・・・そんな時代に先駆けて日産が送り出した電動のコンパクトカーが、2021年自動車安全性能JNCAP最高評価「ファイブスター賞」(コンパクトセグメントで最高得点)を獲得し、2021年度GOOD DESIGN AWARDを受賞した日産ノート。先代はガソリン車とe-POWERと呼ばれる電動車があったのですが、この新型は時代に先駆けてe-POWERのみの展開となりました。

No image

ここでe-POWERってなあに?と思う人のために簡単に説明すると、ボンネットの下に積まれる1・2Lエンジンは発電のためだけに使われ、駆動は100%モーターというシリーズ式ハイブリッドを採用。つまり、エンジンが発電を担うため、外部充電の必要はありません。そしてガソリンが入っているかぎり、モーター駆動で走り続けられるのです。ある意味、リーズナブルな価格を含め、現時点で理想に近い電動車でもあるのです。

No image
No image
No image
No image

しかも、日産ノートには日産自慢の進化した高速道路同一車線運転支援技術のプロパイロット(ナビリンク機能付き)やドライブモード、さらに、運転中はもちろん、ドライブに出発する前から安心感に包まれるSOSコール、Nissan Connectナビゲーションのオペレーターサービスなど、注目すべきポイント、先進機能が数多く搭載され(一部オプション)、それらを総合した商品力の高さが絶大なる人気の理由になっています。

No image
No image
No image

さて、わが家の自称自動車評論犬!?ジャックラッセルのララとともに、新型日産ノートで秋の箱根を目指すことにしました。もちろん、ドッグフレンドリーがとしての資質を確認するために、です。

No image

走り出せば、まるで電気自動車のようなモーター駆動によるレスポンス、走りやすさ、静かでウルトラスムーズな加速力に、純ガソリン車とは違う世界、走る楽しさを実感することができました。ジャックラッセルのララによれば、「犬は車内でどこかにつかまることができず、だから日産ノートのようなしっかりとした安定感抜群の乗り心地は大歓迎。犬は聴覚に優れ、うるさいクルマだと乗っていても落ち着かず、寝ているどころじゃないけれど、この日産ノートなら静かすぎて、すぐにウトウトしてしまうほど・・・」とのことでした。それぐらい、犬にとっても静かで安定したスムーズな走行感覚ということなのでしょう。実際、走り始めてすぐに、ララはDOG DEPTのドライブベッドを設置した後席で夢の中でした。

No image

日産ノートが走行中、コンパクトカーとしては例外的に静かなのには理由があります。それが世界初と言われる発電制御です。1・2Lのエンジンが発電に使われることはすでに説明しましたが、路面状態や走行速度によって、タイヤが発するロードノイズが大きくなるとエンジンの発電を積極的に行い、モーターで走るためのバッテリーを充電。この場面では、発電するエンジン音がロードノイズによって目立たなくなり、実際、走っていて、発電のためにいつエンジンがかかったかなど、ほぼ気づかせないのです。

No image
No image
No image

日産ノートはクラストップレベルのインテリアの上質感(試乗したXグレードでは、オプションの本革シートも選ぶことができます)、高級感、運転のしやすさに直結する全方向の視界の良さに加え、運転席周りの収納の豊富さ、使いやすさも抜群でした。特にシートのかけ心地の良さは、自称ではない自動車評論家のボクも納得の出来栄え。東京~箱根を往復したドライブでも、運転による疲労感は、走行性能、シートの良さ、そしてプロパイロットによるペダル操作から解放されたイージードライブもあって、皆無だったのです。

No image
No image
No image

途中、東名集中工事による渋滞区間を走行したのですが、高速道路の渋滞時、プロパイロットの機能のひとつ、クルマが完全に止まった状態からの停止保持時間が従来の最大約3秒から最大約30秒に拡大され、多くの場合、特別な操作なしで再発進が可能になり、渋滞時も一段と快適なドライブが楽しめるようになっています。だから渋滞時のドライバーのストレス、疲労は最小限というわけです。

No image

さらに、プロパイロットはバージョン1・5と呼んでいいもので、カーブ減速支援機能付きとなり、ナビの地図情報とGPS=衛星測位システムの併用によってカーブを認識。カーブの手前で自動的に速度を落とし、安全な速度で不安なくカーブを曲がることができるようになるのです。カーブの走行が苦手なドライバーだけでなく、これはすべてのドライバーにとって有用かつ画期的と言える高速道路の走行での先進的な安全・安心機能だと断言することができるでしょう。一般的なACC(アダプティブクルーズコントロール)は、カーブも設定した速度のまま走り続けてしまい、ヒヤッとすることがあったりします。

No image

その減速制御は、下手に(あせって)ブレーキを踏むよりずっとスムーズ。後席に乗った愛犬も快適なままドライブを楽しめるのです。まさにインテリジェントなモビリティですよね。

No image

ところで、せっかく自称自動車評論犬!?のララを乗せて箱根までドライブしたのですから、しっかり日産ノートのドッグフレンドリーポイントをチェックしてもらいましょう。

まずは、電動車ならではの低重心で安定した、快適な乗り心地です。4WDはその傾向がより強く、また悪天候時や雪道などでもより安心・安全に走ることができます。

No image

犬の特等席となる後席の座り心地の良さも見逃せません。人が乗っても快適なのですから、犬も同様です。そして犬が自身で後席に乗り降りする際、どうしても抜け落ちる抜け毛が、シートとサイドシルの間の狭い隙間に入り込んでしまうものなのですが、ノートはシートサイドとサイドシルの間に隙間がなく、愛犬を乗せるクルマの清掃性にも優れていると言っていいでしょう。

No image

また、ラゲッジスペースの使い勝手、積載力も文句なしでした。ラゲッジフロアはララ愛用のドッグカート(畳んだ時の高さ1005mm)が真横にぴたりと収まる幅があり、その下の仕切り付きの床下収納もたっぷりとした容量で、普段は使わない、あるいは転がりやすい愛犬用グッズをしまっておくのに最適でした。ちなみに、ドッグカートが斜めにしか積めないと、ほかの荷物の積みにくさに直結するのです。

No image
No image

さらに、インテリジェントアラウンドビューモニターは上空からクルマを見下ろしているかのような映像を、Nissan Connectナビゲーション、またはインテリジェントルームミラーに表示してくれるのですが、出発前など、犬が車の周りをウロウロしていても(そんなことをさせてはいけませんが)、白線や縁石はもちろん、クルマの周りの障害物、人や愛犬も一目瞭然。隠れたドッグフレンドリーポイントであり、ララお墨付きのドッグフレンドリーな安全機能・装備でもあるのです。

No image

こんな100%電気で走るドッグフレンドリーなコンパクトカーが、試乗した最上級グレードのXでも218万6800円(日産コネクトナビゲーションやプロパイロットはオプション)なのですから、電動車としてお買い得であることは言うまでもありません。

No image

写真 雪岡直樹

撮影協力 DOG DEPT

日産ノートe-POWER
https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note.html

文・写真 青山尚暉
ドッグライフプロデューサー、モータージャーナリスト。雑誌編集者を経験した後、フリーのジャーナリストに。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員も務める。愛犬家でもあり、愛犬とのドライブ術、ペットと泊まれる宿に関しても詳しく、Web、専門誌、一般誌、ラジオなどで「愛犬との快適安心な旅スタイル」を提言中。現在、ラブラドールレトリーバーのマリアを14歳9カ月で見送り、ジャックラッセルのララと暮らしている(どちらも保護犬)。PETomorrowのほか、レスポンス、カートップなどでも愛犬とクルマ関連の記事を連載中。2016年4月には、愛犬とのドライブ旅行の集大成となるムック本『愛犬と乗るクルマ』が発売されている。輸入車の純正ペットアクセサリーの企画、開発、プロデュースにも携わる。愛車はシニア犬の乗降性にもこだわった、愛犬仕様にアレンジしたステーションワゴン。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加