アーセナル指揮官、イングランド代表に初選出されたブライトンDF獲得を熱望か

アーセナル指揮官、イングランド代表に初選出されたブライトンDF獲得を熱望か

  • Football Tribe Japan
  • 更新日:2021/06/10
No image

ベン・ホワイト: Gettyimages

アーセナルが、ブライトン・アンド・ホーブ・アルビオンに所属するイングランド代表DFベン・ホワイトの獲得に興味を示しているようだ。イギリス『ミラー』が報じた。

今季限りで元ブラジル代表DFダビド・ルイスの退団が決定しているアーセナル。加えて、アトレティコ・マドリードやセビージャなどが関心を示すスペイン代表DFエクトル・ベジェリンも今夏に移籍するとの見方が強まっており、守備の強化が急務となっている。

そうしたなか、アーセナルを率いるミケル・アルテタ監督はDFの複数ポジションをこなせるベン・ホワイトの獲得を熱望しているという。しかし、リバプールやトッテナム・ホットスパー、マンチェスター・ユナイテッドなど複数クラブが視線を注ぐ同選手に対して、ブライトンは移籍金5000万ポンド(約77億1000万円)を要求するとみられている。

ブライトン下部組織出身のホワイトは昨シーズンにレンタル加入したリーズ・ユナイテッドで台頭。守備的MFやサイドバックなど守備的ポジションを複数こなせるほか、高水準なビルドアップ能力などを兼備したセンターバックで、今季から復帰したブライトンでプレミアリーグ36試合に出場した。また、今夏に開催されるユーロ2020のイングランド代表メンバーに初選出されている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加