究極のアンチエイジング!お顔の印象アップにつながる頭皮ケア

究極のアンチエイジング!お顔の印象アップにつながる頭皮ケア

  • 頭美人
  • 更新日:2020/07/07
No image

究極のアンチエイジング!お顔の印象アップにつながる頭皮ケア

人と初めて会った時の印象を決める要素の50%以上が、見た目と言われています。

では、人の見た目年齢は何で決まると思いますか。

その答えは『髪の毛』なのです!

ヘアケアしっかりケアできている?

タルミやくすみなど年齢と共に、エイジングケアをされている方も多いと思います。

しかし、顔周りのケアに比べると、髪はもしかしたら洗髪のみでそれほどのケアをしてはいないのではないでしょうか。

ヘアケアが不十分になってしまうと、髪のハリやコシがなくなってしまい貧相な印象を招く場合があります。

ハリやコシがなくなってしまうと、ボリュームがないペタンとした髪の毛になってしまい、これが見た目の印象を「老け」させてしまうのです。

実は髪のボリュームのあり、なしでは女性は5歳の差、男性では10歳の差が出るとも言われています。

老けた印象を与える原因に髪がここまで関わっているのであれば、ヘアケアを入念に行うことが重要になりますよね。

まずは頭皮状態を確認しよう

頭皮の状態が気になる方は、自分で簡単に確認することが出来ます。

まずは、両手で頭皮を触って動かしてみてください。

頭皮がしっかりと動いていますか?

もし固い・凝ってるかなと思ったら血行不良を起こしているかもしれません。

血流も悪くなり、もちろん栄養も髪に行き届かなくなり、抜け毛・薄毛の原因になります。

頭皮と顔は繋がっていますので、頭皮が固いと顔にタルミが生まれます。

『頭皮が1㎝たるむと顔も1㎝たるむ』と言われるほどなのです。

頭皮と顔の皮膚はつながっている?

「ヘアケアとフェイシャルケアは別物でしょ?」と思っている方も多いでしょう。

頭皮には毛髪が生えていることもあり、顔とのつながりはあまり意識されないかもしれません。

しかし、頭皮と顔の皮膚は明らかにつながっており、1枚の皮膚なのです。

試しに髪の生え際を引っ張ってみてください。

顔の皮膚も一緒に動くことがわかるはずです。

フェイシャルケアにおいては、口角の筋力を鍛えてほうれい線予防に努めたり、しわ予防のため必死でケアしたりする方も多いと思いますが、頭皮の筋力を気にしたことがある方は少ないかもしれません。

頭皮と顔のたるみの関係

ファイシャルケアで、特にたるみに気をつかっている方は多いのではないでしょうか?

顔がたるむ原因は、日常生活の中にたくさん潜んでいます。

例えば、毎日のように浴びる紫外線の影響は無視できません。

特に、真皮層にまで到達してしまう紫外線A波(UV-A)は、一年中肌にダメージを与えています。

このUV-Aを頭皮や顔に浴び続けることで、肌がたるんでくると考えられています。

不規則な生活や偏食なども、顔がたるむ原因の一つです。

睡眠不足や偏った食事などにより、ホルモンバランスや肌のターンオーバーが乱れてしまい、肌の老化を招いてしまうことも。

そして忘れてはならないのは、頭皮と顔のたるみの関係です。

頭皮がたるむと、頭皮とつながっている顔の皮膚もたるんでしまうのです。

顔のたるみは、老けて見える大きな要因になるため、毎日のスキンケアに力を入れている人も多いでしょう。

でも、頭皮がたるんでいる場合は、顔のケアだけでは効果はあまり期待できません。

頭皮を指で動かしてみて、こめかみ部分より頭頂部の方が硬く動きにくいと感じたら、頭皮がたるんでいるサインです。

頭皮トラブルとフェイシャルの関係

ヘアケアとフェイシャルケアにつながりがあると分かったところで、頭皮トラブルが顔の皮膚にも影響を与えるかどうかを考えてみましょう。

顔にニキビが出来たことのある方は思い当たる節があるはずですが、頭皮が衛生的でなくなったり雑菌が繁殖したりすると、それが毛髪を伝い、毛髪の先端刺激も影響して、顔表面に吹き出ものが出来ることがあります。

頭皮ケアがフェイシャルケアにも重要

ヘッドマッサージをする習慣がなく、頭皮血流が悪化すると毛髪が痩せるだけでなく、顔にもたるみが出たり、しわが出来やすくなったりします。

頭皮と顔が皮膚1枚で出来ている以上、頭皮の筋力が落ちて血の巡りが悪いのに、顔の皮膚には問題がない…ということは、考えにくいです。

日頃からできるアンチエイジングのための頭皮ケア

マッサージ

両手の指を使い、痛くない程度にこめかみから頭頂部の順に頭皮を動かすようにほぐします。

固くなっていた頭皮を動かすことにより血流がアップし、代謝もよくなります。

美容液

入浴後の毛穴が開いた状態の頭に、頭皮用の美容液をつけるのも効果的です。

特にエイジング対策用の美容液なら、乾燥を防ぎ血行を促進することで、たるみにくい頭皮へと導いてくれます。

規則正しい生活

マッサージや美容液だけでなく、ライフスタイルを見直すことで体の内側からリフトアップを目指しましょう。

毎日規則正しく寝起きすることで、睡眠の質も向上します。

ミネラルやビタミン、タンパク質がバランスよく含まれた食事を摂ることも、肌のたるみを解消するためには大切です。

ヘアケアに力を入れることで頭皮環境を衛生的に保ったり、ヘッドマッサージをすることで血流を促進し、頭皮の筋肉をほどよくストレッチさせたりすれば、血行が良くなり、顔表面の血流にも影響してきます。

ヘッドマッサージは自宅でも実践することが出来ますし、ヘッドマッサージをしながらアロマを焚くなど、自宅でサロン並みのケアを実現することも可能です。

最近は、美容院でヘッドマッサージをお願いすることができ、ヘッドスパも主流になりました。

髪と頭皮の救世主、ヘッドスパ

月に1~2回はヘッドスパに通い、プロのヘッドスパニストの手でケアすることが効果的です。

自分ではできない頭皮の毛穴の徹底洗浄と、マッサージで毛穴がきれいになることで、しっかりとした毛が生えてきて、髪の毛がボリュームアップし若々しい頭髪の印象を与えることができます。

また、頭皮だけではなく首肩デコルテのリンパマッサージをすることで、さらに頭皮が柔らかい状態になります。

ちなみに、理想の頭皮の柔らかさは側頭部の頭皮をつまめる柔らかさです。

この状態をキープできるように頭皮ケアしてください。

プラス食事改善で印象UP!

薄毛の原因は食生活にもあります。

髪はケラチンと呼ばれるタンパク質で構成されているため、タンパク質をしっかりと摂ることが若々しい髪の秘訣です!

食材では、鶏肉、魚、チーズ、卵、ブロッコリー等の緑黄色野菜、ナッツ、赤身肉、豆類、ほうれん草、インゲン、種子、アプリコットなどのドライフルーツが効果的です。

髪・頭皮は食べたもので出来上がっています。血行促進に効果的な食材をしっかりとってください。

若く見られるためには頭皮ケアを

見た目年齢を若々しくするなら、スキンケアも大切ですが頭皮と髪をしっかりケアすることも忘れてはいけません。

まずはご自身でセルフチェックしてみてください。その中で気になる点がありましたらヘッドスパを定期的に受けて血流を良くすることが大事です。まずは一か月間、頑張って続けてみてください。

髪の周期と共に効果が出てくる場合が多く、髪のハリ・コシやボリュームの改善を実感できるはずです。

ヘッドスパ専門店で頭皮を高機能のスコープで診断してくれますので、安心して自分の頭皮環境を改善できますよ!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加