Oracle、ローコード・アプリ開発プラットフォームをクラウドで提供

Oracle、ローコード・アプリ開発プラットフォームをクラウドで提供

  • マイナビニュース
  • 更新日:2021/01/14
No image

米オラクルは1月13日(現地時間)、ローコード・アプリケーション開発プラットフォーム「Oracle APEX Application Development」をマネージド・クラウド・サービスとして提供すると発表した。

日本オラクル新社長三澤氏が会見、顧客に信頼されるパートナーに

従来の「APEX」プラットフォームは「Oracle Database」の一部としてのみ利用可能だったが、新サービスは単体のサービスとして利用できる。

新サービスは、「Oracle Cloud Infrastructure(OCI)」上で月額360ドルから利用可能で、500人以上のユーザーと無制限のアプリケーションをサポートする。

新サービスは、「Oracle REST Data Services (ORDS)」および「SQL Developer Web」によってあらかじめ構成されている。開発者は、ORDSを用いてアプリケーション・データに対するカスタムREST APIを作成し、「SQL Developer Web」を使用してSQLクエリの作成やデータをグラフィカルにモデリングすることができる。

データベースに対する従来のコーディングが必要になった場合は、「Oracle Database」クライアントAPI全般、「SQL*Net」、「Autonomous Data Guard」をフルにサポートする「Oracle Autonomous Transaction Processing database with Oracle APEX」にワンクリックでアップグレードできる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加