ストレスの「限界」がくる前に、やっておきたい行動リスト5選

ストレスの「限界」がくる前に、やっておきたい行動リスト5選

  • ライフハッカー[日本版]
  • 更新日:2021/11/25

年末まで残り約1ヶ月となりました。

年末年始に向け繁忙期や、仕事をしながらの勉強など、様々な「忙しさ」に追われていることだと思います。

ただ、タスクをこなすことに力を入れすぎて、休憩が取れてないなんてことになっていませんか。

今回は、頑張りすぎるみなさんがしっかり休憩を取れるようになる方法をまとめました。

休暇が必要なサインに気付く

日々の生活の中で自分に目を向けてみてください。

なかなか集中できない、新しいアイデアが湧かないなんてことはありませんか。

それらは、心身が休暇を欲しているサインなのかもしれません。

メンタルヘルス休暇が必要な3つのサインと休む方法

危険信号を見逃すな。心身が休暇を求めている3つのサイン

心を整える呼吸をする

まずは1日3分、心を落ち着かせ、正しい呼吸をすることを心がけましょう。

1日3分。ストレスを減らし、心を整える呼吸法

観葉植物を置く

家に観葉植物を置き、世話をすることが、自身のメンタルケアにつながるということをご存知でしたか。

なぜ観葉植物を置くと、メンタルが整うのか? 4つの理由

地中海式の食事を取り入れる

あるオーストラリアの研究では、加工食品をなるべく食べない「地中海式の食事」がメンタルヘルスにいいということが発表されました。

「世界一幸せな国」で行なわれているメンタルヘルス向上の取り組みとは?

「何もしない日」をつくる

少なくとも月に1度は「何もしない日」をつくりましょう。

事前にスケジュールに組み込むことで、燃え尽き症候群を防止することにもつながります。

今こそ、何もしない休暇の日を作るべき!

月に一度「ノープランの日」を予定しておくべき理由

睡眠を1番に挙げられがちな「休養」ですが、様々なタイプがあるのを知っていましたか。

最後に、睡眠以外の7つの休養方法をご紹介します。

睡眠だけでは足りない。「7つの休養」と効果的な休み方

自分に合った休息方法を取り入れ、年末を乗り切りましょう!

ライフハッカー編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加