【相撲編集部が選ぶ秋場所13日目の一番】黒星引きずらず落ち着いて。玉鷲が2敗守って一気に優勝候補が絞られる

【相撲編集部が選ぶ秋場所13日目の一番】黒星引きずらず落ち着いて。玉鷲が2敗守って一気に優勝候補が絞られる

  • BBMスポーツ
  • 更新日:2022/09/23
No image

玉鷲(突き落とし)錦富士

「(黒星の後だが)あまり引っ張らないようにしっかり落ち着いて。よかったと思います」

玉鷲が3敗の錦富士を退けて2敗を守り、2度目の優勝に一歩前進した。

この日は小兵の錦富士との対戦。立ち合いは、少し相手を見たのか、それとも立ち遅れたか、頭では行ったが、相手の当たりを受ける形になった。

少し当たり負けした玉鷲だが、それでも「落ち着いて」と自分に言い聞かせていただけあって、慌てはしなかった。突き落としを見せながら右に回ると、「ここで決める」とばかりに低くなった相手の頭を左手で押さえつけて土俵に這わせ、勝負を決めた。

「上体を押されないようにと思って、上体だけで行き過ぎてしまったのかなと思います」と錦富士。これで4敗、残り2日でトップと2差になり、休場した横綱照ノ富士から託された「伊勢ケ濱部屋勢V」はちょっと難しくなってしまったが、今場所見せた、大きな力士相手に低く潜っての寄りや、5日目の千代大龍戦で見せた、相手との間合いを計ったようにかわした土俵際など、豊富な稽古量をうかがわせる動きは見事だった。

きのうはバタバタと崩れた先頭集団だが、この日は玉鷲が勝利、3敗同士の対戦ではきのう変化で敗れた北勝富士が翔猿を立ち合いの突き落としで破り、髙安は霧馬山を突き起こした後に突き落としてそれぞれ3敗をキープした。

この日玉鷲が勝ったことにより、5敗組は優勝圏外に。4敗組(若隆景、翔猿、錦富士、竜電)も可能性が低くなり、優勝争いは一気にほぼ3人に絞られてきた。

やはりここまでくると、星1つのリードは大きく、本命になるのは玉鷲。しかし内容的には、この2日間、立ち合いで攻め込むことはできていない。14日目は横の動きもあり、慎重に立たなければいけない翔猿戦。千秋楽はおそらく髙安との直接対決になるので思い切りぶつかれそうだが、あと2日、どんな立ち合いを見せるか。

最近の相撲内容が一番いいのは髙安だ。ここ2日は突き起こしが効いていたが、あすの相手の豊昇龍の場合には、突き起こすというより、圧力を前に掛け、引かせるような形が必要になるか。何とか勝負を千秋楽に予想される玉鷲との直接対決に持ち込みたいところだ。

北勝富士は、後半戦に入ってどんどん強敵と当てられ、ちょっと勢いが落ちてきた感もあるが、前半戦の頑張りを生かすためにも、最後まで食いついていきたい。

文=藤本泰祐

相撲編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加