《客をソープに沈めて逮捕》歌舞伎町のホスト秋葉拓也容疑者(27)の“魅力”とは「事件後にシングルマザー宅で同棲」「3人の子どもたちも懐いていた」

《客をソープに沈めて逮捕》歌舞伎町のホスト秋葉拓也容疑者(27)の“魅力”とは「事件後にシングルマザー宅で同棲」「3人の子どもたちも懐いていた」

  • 文春オンライン
  • 更新日:2023/01/25

夜通し煌々とライトに照らされ、目をギラつかせた男女が視線を交わし合う日本最大のホスト街・歌舞伎町2丁目。柔和な笑みのホストは、道行く女性たちに「初回安いですよー」とフレンドリーに声をかけるが、裏では売り上げを巡る熾烈な戦いが繰り広げられている。

【画像】「早く金つくってこい!」ホスト時代の秋葉容疑者

「早く金つくってこい!」

売掛金の“ツケ”を支払わせるため、20代の女性客をソープランドで売春させたとして1月23日までに売春防止法違反容疑で逮捕されたのは、この街で働いていた元ホスト・秋葉拓也容疑者(27)だ。

No image

歌舞伎町のホスト街 ©文藝春秋

秋葉容疑者は計約1000万円の支払いを女性に要求し、女性はソープランドで得た収入の大半を渡していた。社会部記者が解説する。

女性が“沈められた”吉原のソープ

「秋葉容疑者は2021年10月以降、ホストクラブの客の女性に正規料金を水増しした“ツケ”精算を要求した上、『スカウトマンに紹介してもらってソープ行かせるから』『断るならもっとキツい仕事をさせる』などと発言していた。女性は実際に吉原のソープランドで働かされたほか、福島や愛媛、沖縄など5県のソープランドでも出稼ぎさせられていました。

一連の事件は秋葉容疑者のほか、風俗店に紹介したスカウトの宇田川直人容疑者(27)や19歳の女、女性を働かせたソープランドの経営者など計13人が逮捕される“大捕り物”となりました」

コロナ禍以降、飲食店が不況で喘ぐなか、歌舞伎町のホスト街だけは異様な賑わいをみせている。「〇億円プレイヤー」などと書かれた派手な広告のトラックが昼夜問わず走り回る光景もお馴染みとなり、近年は“ホストバブル”だとうわずった声で話す関係者もいるほどだ。

女性がホストクラブで散財して多額の借金を作ったあげく、ソープに“沈められる”という話にしてもマンガやドラマで描かれることもある。しかし現実に警察沙汰にまで発展することはかなり珍しい。女性が夢中になってしまう秋葉容疑者の“魅力”は、一体どこにあったのか。

秋葉容疑者が逮捕時に住んでいた東京・世田谷区のアパートに引っ越してきたのは、昨春のことだった。近所に住む50代の男性は、意外にも「会うと気持ちのいい人でしたよ」と振り返る。

子ども3人のシングルマザーと同棲「拓也くーん!」

「部屋にはもともと20代ぐらいの若い母親、小学生の息子2人、保育園に通う娘の4人が住んでいたんです。その頃は部屋から子供を叱りつける母親の声や、『ぎゃぁぁぁ』と騒ぐ子供の声が異常にうるさく、近所でも『さすがにひどい』と噂になっていました。母親は夜9時頃になると子供を寝かしつけて家を出て、朝5時頃に帰って来る生活を毎日送っていました。夜の仕事をしていたようで、派手な色の下着をベランダにいつも干し、昼は家にいることが多かった。

そんな一家から『拓也くーん!』という、子供の懐く声が聞こえるようになったんです。母親たちが引っ越して来てから3カ月後くらいでしょうか。その部屋から出てきた秋葉容疑者が『ウチうるさいっすよねー』『迷惑かけてませんかね?』と気さくに話しかけてきて、腰の低い人だなと思いました」

秋葉容疑者がこの母親宅に転がり込んだのは、前述の「ソープ行かせるから」と女性客に強制した事件のおよそ半年後のこと。秋葉容疑者が居ついてからは、母親も髪形などが垢抜けてくるなど容姿に変化があったという。

一方の秋葉容疑者は、既にホストからは足を洗っていたのか、髪形や服装も野暮ったかったそうだ。「まさか元ホストとは想像もつかなかった」と苦笑するのは、近隣の40代男性だ。

短パンサンダル、頭にタオル…あだ名は「ゆってぃー」

「イケメンという雰囲気はなかったですね。夏はいつも短パンにサンダルで、ホストというより海の家で働いているお兄ちゃんという印象でした。少し前までは髪が長くて邪魔なのか、年中通してタオルを額に巻いていました。近所の皆には、芸人になぞらえ『ゆってぃー』と陰で呼ばれていました(笑)。

でも『こんにちはー!』と元気に挨拶してくれて人柄は良かったし、母親の娘の保育園の送り迎えをしたりと面倒見も良さそうでした。でも育児のストレスはあったかもしれませんね。憂さ晴らしなのか、家に1人でいる時は紅白歌手の曲を鼻歌レベルではなく、ガチで熱唱しているときもありました。いつも窓を開けているので会話から物音から、近くを通るだけで全部聞こえて来るんですよ……」

「子供好きな良い彼氏に見えた」という評判の一方、秋葉容疑者は母親とたびたび夜に外出。子供を置いて近隣のスーパー銭湯などに車で出かけることもあったようで、車でキスをする姿なども目撃されていた。「子供に何かあったらどうするんだ」と近隣からは心配する声もあがっていたという。

「週2でUber Eats」不思議な羽振りの良さ

また近隣住民らが不審に思っていたのは、一家の羽振りの良さだったという。近隣の30代女性が話す。

「近所にはスーパーもたくさんあるんですけど、週2日ぐらいはウーバーイーツを頼んでいたようです。2人ともいつも家にいて、特に秋葉容疑者は仕事をしている様子もなく、子供が3人もいるのに、贅沢な生活を送っていましたね。一度、秋葉容疑者が『儲けたら家買っちゃえばいいんだよ。気にすることねえよ!』と、大声で話しているのが聞こえて『え、そんなに金持ちなの?』と思ったのを覚えています。IT業界で働いて在宅で儲けている人なのかな、と」

この女性は秋葉容疑者の逮捕直前の姿も目にしている。

「逮捕2日前には、夜10時頃に家を出る母親に対し『いってらっしゃい!』とわざわざ外に見送りにいく秋葉容疑者を見ました。『女に稼ぎにいかせたのかね』なんて身内で冗談めかして笑っていましたが、ニュースを見て本当にそういう男だったのかと驚きました。だから暮らしぶりが良いのかと納得しました」

逮捕時には、丁寧に会釈をして警察車両に乗り込んだ秋葉容疑者。調べに対し、「ナンバーワンになりたくて売り上げを上げたかった」と容疑を認めているという。

◆◆◆

「文春オンライン」では、今回の事件について、情報を募集しています。下記のメールアドレス、または「文春くん公式ツイッター」のDMまで情報をお寄せ下さい。

メールアドレス:sbdigital@bunshun.co.jp

文春くん公式ツイッター:https://twitter.com/bunshunho2386

《逮捕者13人 歌舞伎町ホストの実態》現役ホスト「客が自分から(風俗に)競うように落ちる」v.s女性客「闇金バリの取り立て」「売春直後に現ナマを持っていかれた」へ続く

(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))

「文春オンライン」特集班

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加