求められるマスク会食 メガネ使用者から「面倒だ」との声があがる理由

求められるマスク会食 メガネ使用者から「面倒だ」との声があがる理由

  • しらべぇ
  • 更新日:2020/11/21
No image

(taka4332/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

新型コロナウイルスの感染拡大による“第3波”が心配される状況の中、菅義偉首相が「静かなマスク会食」を国民に呼びかけている。

■SNSや芸能人から否定的な声

飲食時にもマスクをするというこの呼びかけに、世間からは「マスクが汚くなりそう」「本当にそんなことできるのか」「無理でしょ」と反発の声も。

会食前に新しいマスクに替え、マスクの表面は触らないことも求められているが、食事をしながらこれらのことに気を使うのは難しいと考える人は少なくない。

20日放送の『バイキングMORE』(フジテレビ系)で実際にマスク会食をする映像が流れた際、俳優の坂上忍は「あれだったら行かない」と発言。

タレントの土田晃之も「ランチだったら多少成立すると思うんですけど、アルコールが入った状態でこれをいつまで続けられるかなっていうのが一番の疑問」と口にしていた。

また、女優の石田ゆり子も自身のインスタグラムで「そんなことをするくらなら そんな会食行きたくないなぁとわたしなら思ってしまいます」とつづっている。

関連記事:吉村知事、“静かなマスク会食”を生放送で呼びかけ 「ずっとじゃないので」

■マスクがメガネに引っかかる

否定的な声も少なくないマスク会食だが、中でもメガネを使用している人にとってはさらにハードルは上がる。

17日放送の『グッとラック!』(TBS系)で出演者たちがマスク会食を実践した際、ライターの望月優太氏から「メガネの人って(マスクが耳に)毎回引っかかるんですよ」とマスクを外すことへの不満を漏らし、同じくメガネ着用者の落語家の立川志らくや、ロンドンブーツ1号2号の田村淳からは「そうそう!」と共感の声があがった。

しらべぇ編集部でもメガネをかけている人に話を聞いたが、「引っ掛かりは頻繁に起こるので、『マスクを頻繁に外せ』と言われると面倒と思ってしまいます」と答えが返ってきた。

■実際にやってみた

No image

マスクが耳に引っかかるというのは、メガネの「先セル」部分のこと。記者がメガネを装着した状態でマスクを100回ほど着脱を試した結果、引っかかった回数は0回だったため、この現象は頻繁に起こるわけではないだろう。

また、耳に浅くマスクヒモをかければメガネに引っかかる可能性はかなり少なくなるはず。とはいえ、意識的に着脱をしなければならないのは事実で、かなり面倒であることは間違いない。

■「会食に行かない」という選択肢も大切か

メガネユーザーにとっては「マスクがメガネに引っかからないようにする」という手間が増えるマスク会食。

感染予防のためにも、ストレスを溜めないためにも、坂上やSNS上の声にもあるように「会食に行かない」という選択肢も考えたいところだ。

・合わせて読みたい→新型コロナ対策にメガネが有効? 使用者に患者が少ない傾向が判明

(文/しらべぇ編集部・二宮 新一

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加