勇者パーティを外された暗殺者は王女の護衛になれるのか、なろう発ファンタジーマンガ版

勇者パーティを外された暗殺者は王女の護衛になれるのか、なろう発ファンタジーマンガ版

  • コミックナタリー
  • 更新日:2022/05/13

煙雨(ツギクル)原作による高田慎一郎「追放されたので、暗殺一家直伝の影魔法で王女の護衛はじめました! ~でも、暗殺者なのに人は殺したくありません~」の1巻が、本日5月13日に発売された。

No image

「追放されたので、暗殺一家直伝の影魔法で王女の護衛はじめました! ~でも、暗殺者なのに人は殺したくありません~」1巻

主人公は勇者パーティに所属する暗殺者のノア。孤独でつらい訓練をしながら育ったノアにとって、パーティの仲間たちはやっと見つけた信頼できる友達と思っていた。しかし暗殺者という職業のせいでパーティに不利益な噂が立つことを恐れた仲間から、パーティをクビされてしまう。途方に暮れるノアだったが、幼なじみである王女のルビアが現れ、自分の護衛に推薦するという。ルビアの提案に、父である国王はある条件を出してきて……。煙雨が投稿サイト・小説家になろうで発表している小説を、高田がコミカライズし、がうがうモンスターで連載されている。

コミックナタリー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加