父は30年前開幕戦でプレー...横浜MF水沼 1G1Aで快勝貢献「同じエンブレムで戦えるのは幸せ」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/05/14

◇明治安田生命J1第13節 湘南1-4横浜(2022年5月14日 レモンS)

横浜が4発快勝で“神奈川ダービー”を制し、今季初のリーグ3連勝を飾った。創設30周年を控える「Jリーグの日」を翌日に控え、V川崎(J2現東京V)との歴史的な一戦に父・貴史氏が同じチームでプレーしていたMF水沼宏太(32)が、今季初得点を含む1得点1アシストと活躍。フル出場でチームを勝利に導き、「マリノスも30周年で、今年に懸ける思いは強い。5月15日(Jリーグの日)が一番近い日に、マリノスの選手としてピッチに立って、結果を残せて素直にうれしい」とホッとした表情をのぞかせた。

立ち上がりこそ相手に何度かチャンスを許したが、GK高丘が好セーブを連発して流れを引き寄せると、前半14分の水沼の先制点を皮切りに、その後は自慢の攻撃力が爆発。その6分後にDF小池龍が2点目を決め、後半に入ってさらにFWアンデルソン・ロペス、FWレオ・セアラが加点した。

水沼はJリーグ並びにクラブが30周年を迎える今季、「水沼の名前を背負って」という思いを込め、ユニホームの名前を初めて「KOTA」から「MIZUNUMA」に変更。Jリーグ創設30周年を前に存在感を示し「歴史をつくってくれた偉大な先輩たちがいるので、僕らはこうやって戦える。個人的には父がいて、父と同じチームのエンブレムを付けて戦えるのは、幸せなこと。肩を並べるくらい活躍したい」と、あらためて今季に懸ける強い思いを口にした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加