自転車で道路横断中の80歳男性はねられ大ケガ...乗用車を運転していたのは42歳"警察官" 状況捜査へ

自転車で道路横断中の80歳男性はねられ大ケガ...乗用車を運転していたのは42歳"警察官" 状況捜査へ

  • ホッカイドウニュース
  • 更新日:2021/09/16
No image

交通事故を調べる北海道警豊平署

9月15日午後、北海道札幌市豊平区で自転車に乗っていた高齢の男性が乗用車にはねられ大ケガをする事故がありました。乗用車を運転していたのは北海道警の警察官でした。

事故があったのは、札幌市豊平区平岸3条18丁目の通称・平岸通りです。

15日午後2時前、80歳の男性が自転車で道路を横断していたところ、南区方向に走行していた乗用車にはねられました。

この事故で自転車の男性が肋骨を折る大ケガをしました。

警察によりますと、乗用車は北海道警本部警備部で勤務する42歳の男性警察官が運転していたことが分かりました。男性警察官は同日、休みだったということです。

現場は片側2車線の直線道路で横断歩道や信号機はなく、警察が当時の状況を詳しく調べています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加