サザン・関口和之 “桃鉄”の音楽を30年にわたり担当「すごい勉強になりました」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/08/06

「サザンオールスターズ」のベーシストでウクレリアンの関口和之(66)が6日、TBSラジオ「ナイツのちゃきちゃき大放送」(土曜前9・00)にゲスト出演。「ゲーム音楽」について話した。

人気ゲーム「桃太郎電鉄シリーズ」の音楽を手がけている関口は「もう30年以上やってます。曲数どれくらい書いたんだろう…もう分からないくらいですね」「電鉄の前のRPGの桃太郎伝説っていうのがあって、そこから(音楽を担当している)」と話した。

さらに、“桃鉄”の音楽制作をすることになったきっかけは「ゲームを作った人が友達だったっていうか」と明かし、ゲーム音楽の制作については「4つしか音が使えなくて、ハーモニーで言ったら2つで。そんな単純な音でキャラクターとか場面を表現しなきゃいけなかったんですね。すごい勉強になりました」と振り返った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加