サブスクも対応、ディーラー渾身の軽キャンピングカー『ラクネルエヌバン』:ホンダカーズ神奈川中...横浜キャンピングカーショー2022

サブスクも対応、ディーラー渾身の軽キャンピングカー『ラクネルエヌバン』:ホンダカーズ神奈川中...横浜キャンピングカーショー2022

  • レスポンス
  • 更新日:2022/09/26
No image

ホンダカーズ神奈川中「ラクネルエヌバン」

もっと画像を見る

レトロポップなかわいらしい見た目の『ラクネルエヌバン』はホンダカーズ神奈川中の手掛ける軽キャンピングカー。横浜キャンピングカーショー2022の会場でも特別に目を引く1台だ。

後席にもバケットシート装備!? BMWの本気セダン『M3 CS』の超過激なスペックとは

ラクネルエヌバンは、その名前からも分かるように、ホンダ『N-VAN』をベースとしたモデル。大人2人が寝られるベッドと電源のみを標準装備とし、車中泊やキャンプ、緊急避難用などの用途に合わせて多種多様なオプション装備を用意する。

展示車両のパステルカラーと木目調の外装が印象的だが、これはカーラッピングによるもので、いかようにでも変えられる。ベッドは専用設計のアルミフレームで強度が高く、軽量。ベッドマットは低反発素材を使用しており、設置も簡単だ。

電源については、100Ahのサブバッテリーと正弦波インバーター、走行充電システムを標準。電源付きキャンプ場などで便利な外部電源入力コンセントも設置している。集中電源スイッチはサイドテーブルの下に一体化するように設けてあり、限られたスペースを効率的に使っているのも好印象。

このほか展示車両では、ホンダの蓄電器「Lib-AID E550EW」やホンダ純正のルーフコンソールなども備え、さまざまな利用法を提案していた。

ラクネルエヌバンは、サブスクリプションの「ホンダ マンスリー オーナー」が利用できるほか、1泊2日のレンタカーと神奈川県内のキャンプ場の利用がセットになった「お試し車中泊」のプログラムも用意していおり、軽キャンピングカーの使い心地を気軽に体験してみたいという人にも適している。

シトロエン ベルランゴが名車『2CV』に変身...フルゴネット欧州発表

最後の純ガソリン軽ホットハッチ!? スズキ『アルトワークス』次期型、2022年内登場か

ケータハム『セブン』に2つの新型車、スズキ製ターボエンジン搭載車も...欧州発表

家本浩太

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加