一緒にいると〝温かい気持ち〟になる人の特徴って?

一緒にいると〝温かい気持ち〟になる人の特徴って?

  • Domani
  • 更新日:2021/09/26

あなたの周りに一緒にいると〝温かい気持ち〟になる人はいませんか?そもそも、どのような印象を持つ人に、温かい気持ちになるのでしょうか。今回は、「温かい気持ち」になる人の特徴や印象、そうなるための方法をまとめてご紹介します。

【目次】
「温かい」とは?
「温かい気持ち」の英語表現とは?
「温かい気持ち」になる⼈の特徴とは?
「温かい気持ち」になる人の印象とは?
「温かい気持ち」にさせる人になるには?
最後に

「温かい」とは?

先ずは、「温かい」そのものについて確認します。「温かい」にはどんな意味があり、どのように使用できるのでしょうか。一緒に見ていきましょう。

意味

(暖かい)寒すぎもせず、暑すぎもせず、程よい気温である。あったかい。「―・い部屋」「―・い地方」《季 春》(温かい)物が冷たくなく、また熱すぎもせず、程よい状態である。「―・い御飯」(温かい)思いやりがある。いたわりの心がある。「―・くもてなす」⇔冷たい。(『デジタル大辞泉』より)

「温かい」の意味を考えると「温かい気持ち」は、「思いやり」や「いたわり」がある「気持ち」だと言えますね。身近な例で考えると、本を紹介してもらうときに「心温まる小説」という説明をされることもあると思います。

「温かい」と「暖かい」の違い

「あたたかい」と聞くと、「温かい」だけではなく、「暖かい」を思い浮かべる方もいると思います。実際にどう使い分けをすればよいのか、その違いについて確認しましょう。

気温のようにからだ全体で感じるあたたかさに、「寒い」に対して「暖かい」、部分で感じたり心で感じたりするあたたかさに、「冷たい」に対して「温かい」と書くのが普通。(『デジタル大辞泉』より)

「気持ち」を表現するときには、「温かいを使う」と覚えておくと良いかもしれません。もう少し深く掘り下げたいので、他の辞書も確認します。

気温や布団・懐など体全体で感じる場合は「暖かい」、水や料理など体の一部に感じる場合や愛情などの表現には「温かい」を用いる傾向があるが、厳密な区別は困難である。(『角川類語辞典』より)

先程、「気持ち」を表すときには「温かい」を使うと紹介しましたが、「水」、「料理」そして「愛情などの表現」を知識に加えておく方がよいのかも。ですが、厳密に区別できないとのことなので、これからも悩む可能性はありますね(泣)。

場合によっては、どちらも使用できるのかもしれません。使用法については、その時々で柔軟に対応すれば良さそうです。

No image

「温かい気持ち」の英語表現とは?

では、「温かい気持ち」を英語で表現するとどうなるでしょうか。

英語表現:「It makes me warm.」(温かい気持ちになる)

文章で「温かい気持ち」を表現すると上記の様になります。Itは色々なものに置き換え可能です。例えば「あなたが」を強調したければ、「You make me warm.」と表現すればよいでしょう。

「温かい気持ち」は「warm feelings」が使いやすそうです。

「温かい気持ち」になる⼈の特徴とは?

私たちが「温かい気持ち」になる人とは、どのような人でしょうか?

1:ぶれない芯を持っている人

「ぶれない芯」を持っている人になら、心からの信頼を寄せることができるのでは? そして、信頼できる人と一緒なら、「温かい気持ち」が湧いてくるような気がしませんか?

2:他人(ひと)を大切にする人

自分自身を大切にできることが基本になりますが、他人(ひと)に対する態度もとても大切です。自分と同じように他人(ひと)も尊重できる人になら、「温かい気持ち」を持つことができるでしょう。

3:正義を一番に考える人

どんな状況でも、「正しいこと」を選択できる人は魅力があります。自分の信念に従い「正義」を行う。そんな人を見ていると「温かい気持ち」になるのでは?

「温かい気持ち」になる人の印象とは?

どのような印象を持つ人に、「温かい気持ち」になるのでしょうか。

1:困ったときにはすぐに駆け付けてくれる

何かトラブルに巻き込まれたとき、とても不安になりますよね。そんな時に、自分のこともいとわず駆けつけてくれる人には、特別な気持ちを抱くのでは? それが、「温かい気持ち」になるということではないでしょうか。

2:人格者で尊敬できる

色々な知識を持ち、相談するとすぐに道を照らしてくれる人に、魅力を感じない人はいないはず。常に正しい答えをくれる人には、「温かい気持ち」を持ってしまいますよね。

3:男女問わず人気者で恋愛対象になる

誰からも好かれる人。人気のある人。モテる人。気が付いたら好きになってしまっていた。こんな人には、「温かい気持ち」を抱きやすいのでは? なぜか気になってしまう人は、誰にでもいるはずです。

「温かい気持ち」にさせる人になるには?

どのような人が「温かい気持ち」にさせる人なのでしょう。どうすれば「温かい気持ち」にさせる人になれるのか、チェックしてみます。

1:自分に正直に生きてみる

もしも、ずっと遠慮しながら生きてきたのなら、ここで少し方向性を変えてみてはどうでしょう? ほんの少しだけ、心を自由に開放して自分の気持ちに正直に生きてみる。そうすれば、周りからも生き生きして、「温かい気持ち」を抱かれる存在になれるかもしれません。

2:少しだけおせっかいをしてみる

もしかすると、あれもこれも口出しすると迷惑かもしれないと思い込んでいませんか? 実際に何かが起きたときに、人助けをすることは簡単なことではありません。それでも、常に誰かのために役に立ちたいと生きる姿勢は、周りの人から「温かい気持ち」で見られると思います。

3:背伸びをしてみる

今の自分に満足せず、一歩ずつでも前に踏み出してみる。習い事で次のレベルを目指したり、資格試験に挑戦してみたり、ひたむきに自分をブラッシュアップする姿は尊敬に値します。そして同時に、「温かい気持ち」で見守りたくなりますよね。

最後に

「温かい気持ち」を抱くには、その対象となる人との「関係性」が重要でしょう。良い関係を保っている人には、おのずと「温かい気持ち」が湧いてきそうです。「温かい気持ち」は自分自身の「幸福感」を満たすものなのかもしれません。自分以外の誰かにも「温かい気持ち」を持ってもらえるように、丁寧に毎日を生きることが必要ではないでしょうか。

トップ画像・アイキャッチ/(C)Shutterstock.com

こちらの記事もたくさん読まれています
自然体で〝気さく〟な人の特徴とは?
〝しっかりしてる人〟ってどういう人?特徴やモテる理由をご紹介

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加