“ミレニアム世代”西村優菜がスターツと契約 伊藤美誠も所属で「高いモチベーションに」

“ミレニアム世代”西村優菜がスターツと契約 伊藤美誠も所属で「高いモチベーションに」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/01/14

“ミレニアム世代”の西村優菜(20)が13日、建設・不動産仲介業などを展開するスターツコーポレーション株式会社と所属契約を結んだことを発表した。

No image

スターツと所属契約を結んだ西村優菜

オンライン会見に出席し、「3月1日よりスターツ様のロゴをつけてプレーできることを大変光栄に思います」と感謝を口にした。同社の契約選手には、卓球日本代表の伊藤美誠(20)がいる。「同世代で世界で活躍している伊藤美誠選手もいらっしゃる。私もサポートしていただけることに感謝の気持ちでいっぱいで、自分の中ですごく高いモチベーションになっています」と目を輝かせた。

大阪府堺市出身の西村は、プロ1年目の昨年に樋口久子・三菱電機レディースで初優勝を飾った。新型コロナウイルス感染拡大の影響で20年と21年シーズンが統合された中で現在、賞金ランキング7位の好位置につけている。3月から再開するシーズンに向けては「1番大きな目標は2021年で複数回優勝すること。あとはシーズンが終わった時点で賞金ランキングトップ5に入ることを目標に頑張っていきたい」と抱負を口にし、「そのためにもショートゲームをレベルアップさせて、しっかり戦える選手になりたいなと思っています」と意気込みを語った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加