川村元気長編監督デビュー作『百花』本ポスター公開 菅田将暉が雨に打たれる場面写真も

川村元気長編監督デビュー作『百花』本ポスター公開 菅田将暉が雨に打たれる場面写真も

  • Real Sound
  • 更新日:2022/06/23
No image

『百花』(c)2022「百花」製作委員会

9月9日に公開される川村元気原作・監督作『百花』の本ポスタービジュアルと場面写真が公開された。

参考:2021年は菅田将暉イヤーに! スターにもバイプレイヤーにもなれる、特異な才能を読む

映画プロデューサー・脚本家として『告白』『悪人』『竜とそばかすの姫』『映画ドラえもん のび太の宝島』など多数の映画を製作してきた川村が、自身の体験から生まれた、2人で生きてきた親子の、愛と記憶と忘れられない事件を巡る4作目の小説『百花』(文春文庫刊)を映画化。川村自身が監督・脚本を手がけ、初の長編監督デビューを果たす。

記憶を失っていく母と向き合うことで、母との思い出を蘇らせていく息子・葛西泉を菅田将暉が演じ、すべてを忘れていくなか、さまざまな時代の記憶を交錯させていく母・葛西百合子を原田美枝子が演じる。さらに、泉と同じレコード会社で働き、初めての出産を控える泉の妻・葛西香織役を長澤まさみ、百合子の「秘密」を知り、「事件」と深い関わりを持つ男・浅葉洋平役を永瀬正敏が務めるほか、北村有起哉、岡山天音、河合優実、長塚圭史、板谷由夏、神野三鈴が脇を固める。

公開されたポスタービジュアルに写るのは、泉(菅田将暉)、百合子(原田美枝子)、香織(長澤まさみ)の姿。違う方向に視線をおくる3人、それぞれの見据える先には何があるのか。親子として、夫婦として、愛が紡がれていく感動の物語を予感させるポスタービジュアルとなっている。本ポスターは6月24日より全国の映画館(一部を除く)にて掲示される。

あわせて公開された場面写真には、雨に打たれながら母を探す泉の姿、ピアノを奏でる百合子の姿、仲睦まじく花を手に取る夫婦の姿、そして百合子の過去に深く関わる男・浅葉洋平(永瀬正敏)の姿など、印象的なシーンが収められている。ポスタービジュアルと場面写真を載せたチラシも、6月24日より配布が開始される。(リアルサウンド編集部)

文=リアルサウンド映画部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加