生田緑地ばら苑 3300株 咲き競う 春の一般開放、22日まで〈川崎市多摩区〉

生田緑地ばら苑 3300株 咲き競う 春の一般開放、22日まで〈川崎市多摩区〉

  • タウンニュース
  • 更新日:2022/05/14

生田緑地ばら苑(長尾)の春の一般開放が今月6日に始まった。最初の週末となった7日と8日には、合わせて約7500人が来園。22日(日)まで、およそ800種・3300株のバラを楽しむことができる。

入り口での検温や消毒、講習会等のイベント中止など、昨年に続き対策下で開苑。色とりどりのバラが開花を迎える中、今春に向けて植え替えをした花壇では「オードリーヘップバーン」「魅惑」といった品種が新たに並んでいる。9日、同苑スタッフは「つぼみの品種も多いので、まだこれから楽しめる」と話していた。

同苑は市公園緑地協会がばら苑ボランティア会(前島誠一会長)の協力を得て運営。入苑無料だが、バラの苗や肥料の購入、土壌改良等のための募金を受け付けている。昨年度は、春秋の一般開放で合計約468万円の募金が集まっている。

午前10時から午後4時半(最終入苑4時)、土日は午前9時から。開苑中の問い合わせは【電話】044・978・5270。

No image

園内を華やかに彩るつるバラ=9日

No image

オードリーヘップバーン

タウンニュース多摩区版

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加