【全米映画ランキング】クリストファー・ノーラン監督の「テネット」がV2

【全米映画ランキング】クリストファー・ノーラン監督の「テネット」がV2

  • 映画.com
  • 更新日:2020/09/16
No image

「テネット」がV2 (C)2020 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved

9月2週目の全米ボックスオフィス。先週末はクリストファー・ノーラン監督のアクションスリラー「TENET テネット」が約670万ドルの興収で首位を守り、V2を果たした。

元々9月は学校が始まる時期なので興行成績は停滞するが、2週目の興収が670万ドル、そして累計が約2950万ドルというのは、「TENET テネット」のような大作としてはやはり痛手で、配給のワーナーは自社配給作品がぶつかり合う状況を避けるため、10月2日公開予定だった「ワンダーウーマン 1984」をクリスマスに延期。「TENET テネット」は強力な競合作品なしでの興行を10月末くらいまでは継続出来ることになる。その間に、まだ閉まっているニューヨークやロサンゼルスといった大都市での劇場が再開すれば、北米での成績も上向く可能性もありそうだ。ちなみに北米以外では約1億7800万ドルの興収を上げており、全世界興収は2億ドルを超えている。

2位と3位は前週と変わらず、X-MENシリーズのスピンオフ「ニュー・ミュータンツ」とラッセル・クロウ主演のスリラー「Unhinged」。前者の累計は約1530万ドル、後者の累計は約1380万ドルとなった。

約110万ドルのオープニング興収で4位デビューとなったのは、セレーナ・ゴメス製作総指揮のロマンチック・コメディ「The Broken Hearts Gallery」。彼氏にふられた20代のルーシーが、別れたボーイフレンドの思い出の品物を展示するギャラリーをつくり、失恋から立ち直っていく物語。主演はApple TV+で配信された「Hala」のジェラルディン・ビスワナサン。監督はカナダ出身のナタリー・クリンスキー。

今週は、ジュード・ロウ主演のR指定ドラマ「The Nest」に、ノオミ・ラパスジョエル・キナマン共演のスリラー「The Secrets We Keep」、ジム・カビーゼル主演のR指定アクション「Infidel」などが公開となる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加