ミシュラン5年連続一ツ星『乃木坂 しん』で日本料理と話題のシャンパーニュを楽しむ

ミシュラン5年連続一ツ星『乃木坂 しん』で日本料理と話題のシャンパーニュを楽しむ

  • Web eclat
  • 更新日:2022/08/06

『ミシュランガイドブック 東京』で5年連続一ツ星を獲得、端正で品格ある料理で美食家を魅了しているのが『乃木坂 しん』だ。

『乃木坂 しん』

話題の「テルモン」と楽しむ日本料理の贅沢マリアージュ

店主の石田伸二氏の料理は、素材合わせの妙に塩味や酸味のメリハリをきかせた奥深い味が印象的。オーナーソムリエの飛田泰秀氏は、「日本料理とワインのマリアージュの技は右に出る者なし」と称される人物で、8月1日から9月上旬まで、新登場で話題のシャンパーニュ「テルモン」でゲストを迎える。それも、「レゼルヴ・ブリュット」と「レゼルヴ・ロゼ」の2種をバイ・ザ・グラスとフリーフローの2スタイルで用意する贅沢さ。フリーフローの場合、例えば「鮎にはロゼ」など、料理ごとに白とロゼを選べるのもうれしい。「『テルモン』はブドウ本来のナチュラルな味が魅力。素材感が生きた日本料理によく合います。白とロゼが織りなすマリアージュの楽しさを、ぜひ体感してください」と飛田氏。

No image

¥24,200のコースより。「八寸」(一例)には「レゼルヴ・ブリュット」を合わせて。白だつ(白ずいき)のお浸しやトリ貝の炙り、ごぼうのきんぴらなど、懐かしい味ながら洗練された印象

No image

「レゼルヴ・ロゼ」(左)は香ばしい料理、「レゼルヴ・ブリュット」は繊細なひと皿に

No image

お店は落ち着いた雰囲気

No image

石井伸二氏(左)と飛田泰秀氏(右)

No image

お造りがわりの「水貝」(鮑)。肝ダレがロゼとマッチ

No image

上品な酸味の「穴子と胡瓜のあえ物 透明なトマトゼリーかけ」は白と

No image

「鮎の炭火焼」。ワタの苦味がロゼに合う

東京都港区赤坂8の11の19エクレール乃木坂1F

☎03・6721・0086 12:00~15:00(クローズ)、

17:30~23:00(クローズ)

㊡日曜、または祝日の月曜(不定休あり)

昼コース(水曜~土曜)¥11,000~、夜コース¥19,800~「テルモン レゼルヴ・ブリュット」グラス¥2,420、「テルモン レゼルヴ・ロゼ」グラス¥2,620 フリーフロー¥12,100 ※ランチは水曜~土曜。コース最後の「食事(ご飯)」の前まで2時間目安。価格はすべてサ別。要予約

>>「グルメ」の記事一覧はこちら

撮影/鈴木静華 取材・原文/北村美香 ※エクラ2022年9月号掲載

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加