元4位ブレイク 日本代表を賞賛

元4位ブレイク 日本代表を賞賛

  • tennis365
  • 更新日:2022/11/25
No image

今年の全米OPエキシビションマッチでのブレイク : 画像提供 ゲッティイメージズ

男子テニスで元世界ランク4位のJ・ブレイク(アメリカ)が25日にSNSを更新し、サッカーFIFA カタールワールドカップ2022での日本代表チームを賞賛した。

2013年に引退したブレイクはキャリア通算366勝256敗。ATPツアーではシングルス10勝、四大大会では3度ベスト8に進出している。2008年のデルレイビーチ国際(アメリカ/デルレイビーチ、ハード、ATP250)では、当時18歳の錦織圭と決勝で対戦し敗北。錦織のツアー初優勝時の対戦相手でもある。

自身の基金設立やテレビ解説のほか、マイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)の運営を行うなど多岐にわたり活躍する42歳のブレイクは、サッカーワールドカップでの日本代表チームのロッカールームでの行動をツイッターにつづった。

日本代表は23日に強豪ドイツとの試合に逆転勝ちし話題となったが、試合後のロッカールームが整理整頓されている画像がSNSを中心に拡散。勝利とともに大きな反響がある。

ブレイクはスポーツ選手の試合後のロッカールームについてテニスツアーでの経験をもとに私見をつづった。

「ATPツアーでロッカールームがそのままになっているのを見た後には、これは信じられないことだ。 最高レベルの陸上競技では、非常に利己的に見えることがある。だからこそ、このような大会で他人を思いやることができれば、それは認識され、賞賛されるべきことだ」

サッカー日本代表は27日にコスタリカ代表とのグループリーグ第2戦を戦う。

No image

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加