町田啓太と森マリアが聴き惚れるプロオーケストラの演奏 映画『太陽とボレロ』から本編冒頭シーンを公開

町田啓太と森マリアが聴き惚れるプロオーケストラの演奏 映画『太陽とボレロ』から本編冒頭シーンを公開

  • SPICE
  • 更新日:2022/06/23
No image

公開中の映画『太陽とボレロ』から、本編冒頭映像が解禁された。

『太陽とボレロ』は、水谷豊監督が2017年の『TAP-THE LAST SHOW』、2019年の『轢き逃げ 最高の最悪な日』に続き、メガホンをとったオリジナル映画。クラシックのオーケストラを題材に、音楽を愛する普通の人々の人間模様を描いた作品だ。本作では、ある地方都市のアマチュア交響楽団を舞台に、18年間楽団を運営してきた主宰者の花村理子が、最後にして最高のコンサートに臨もうとする。

主演を務めるのは、映画『武士の一分』『母べえ』『劇場版 奥様は取り扱い注意』などで知られる檀れい。本作で、映画初主演を飾る。檀は、音大を出たものの、音楽の道をあきらめ、家業を継ぎ、地元で楽団を主宰する女性・花村理子を演じている。また、石丸幹二が花村理子とともにアマチュア交響楽団“弥生交響楽団”を支える中古車販売センター社長・鶴間芳文役、町田啓太が鶴間の会社で働きながら交響楽団でトランペットを演奏する田ノ浦圭介役、森マリアが花村理子の洋装店で働きながら交響楽団のヴァイオリン奏者を務める宮園あかりを演じている。そのほか、田口浩正、田中要次、藤吉久美子、六平直政、山中崇史、河合我聞、原田龍二らが出演。監督・脚本を務める水谷も弥生交響楽団の指揮者・藤堂謙役で登場する。

解禁された映像は、プロのオーケストラ演奏シーンが含まれた、本編冒頭の5分間。雄大な自然と美しい建築の描写からスタートし、物語の舞台である弥生市に実在するプロのオーケストラで、指揮者・西本智実氏が率いるイルミナートフィルハーモニーオーケストラによる公演が映し出される。

アンコールの拍手が鳴り響く中、トイレから慌てて座席へ駆け込む圭介(町田啓太)の姿も。演奏演目はジョルジュ・ビゼー作曲「アルルの女」より“ファランドール”。また、自らが所属する弥生交響楽団の定期演奏会を前日に控えた、圭介とあかり(森マリア)が演奏に見惚れる様子も切り取られている。

『太陽とボレロ』は公開中。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加