NEW
ロゴとアプリ版リニューアルのお知らせ
見どころ満載だった五輪前最後の『青天を衝け』 平九郎&ていの恋も進展

見どころ満載だった五輪前最後の『青天を衝け』 平九郎&ていの恋も進展

  • マイナビニュース
  • 更新日:2021/07/22
No image

●第23回「篤太夫と最後の将軍」見どころ前半

草なぎ剛、大政奉還シーンで「家康さまが降りてきた」 憑依的演技を演出担当が絶賛

18日に放送された大河ドラマ『青天を衝け』(NHK総合 毎週日曜20:00~ほか)の第23回「篤太夫と最後の将軍」(脚本:大森美香 演出:田中健二)は、前回に引き続きパリ編を描きながら、日本では歴史上の大転換――大政奉還と王政復古が起こった。

慶喜の弟・民部公子こと松平昭徳(板垣李光人)のお供でパリに行った篤太夫(吉沢亮)がちょんまげを切って洋装になることと、200年以上続いた江戸幕府を慶喜(草なぎ剛)が終わらせたこと(武士の時代の終わり)が同時に描かれることで、徳川の物語に終始しない、日本と世界の関わりを俯瞰で見たような広がりのある物語になった。

第23回は、この後、東京オリンピックによって7月25日、8月1日、8日と3週連続休止になることもあってか、時代の変わり目の中での見どころが満載だった。

慶喜――最後の将軍の決断
波乱の中の平九郎とていの恋
華丸が演じる西郷隆盛の勇壮さ
洋髪になった篤太夫と昭徳の凛々しさ

これらの見どころを順を追って解説していこう。
慶喜――最後の将軍の決断

パリでは日本への600万ドルの借款が消滅してピンチに陥る。薩摩とモンブランのせいで公儀の信用が落ちたのだ。篤太夫たちは公儀の信用を取り返すため対応策を至急考える。帰国する者も出るが、篤太夫は残る。杉浦愛蔵(志尊淳)と別れの盃を交わしている頃、日本では慶喜(草なぎ剛)の部下・原市之進(尾上寛之)が殺される。

「なぜだ、なぜ私の大事な者を次々と奪う」とショックな慶喜。尊敬する父を失った後(これは病気だが)、頼りにしていた円四郎(堤真一)が暗殺され、彼の代わりのように本音で話せた篤太夫とも、将軍になったことで距離ができてしまった。そして原……と頼れる部下が身近からどんどんいなくなっていく。国を守るため慶喜は政権を帝に返上――大政奉還を行うことを決意する。

慶応3年10月12日。徳川家康(北大路欣也)がカッと目を見開いて瞑る間合いに自身が作りあげた徳川幕府終焉に対する深い思いが伝わってきた。

慶喜はすべてを受け入れたように落ち着いた表情。200年以上も続いた歴史を終わらせる重責を決断した人間の、凡人には理解できないどこか超越した感じを漂わせていた。

波乱の中の平九郎とていの恋

公儀の立ち場が危うくなっている頃、平九郎(岡田健史)は晴れて篤太夫の見立て養子になって武家として江戸に出ることになった。第22回では渋沢平九郎、渋沢ていと夫婦みたいとはしゃいでいたてい(藤野涼子)は別れを悲しむ。

「最後だから笑って見送ろうと思ったんに」と泣き笑いしている姿があまりに素直で愛おしく、平九郎が思わず抱きしめてしまう気持ちがわかる。感極まった平九郎は、栄一が無事に戻ってきたら「俺の嫁になってくれ」と言う。本気で言っていながらも口元に少し照れがにじむ。嬉しくて大声で泣き出すてい。あせる平九郎。彼女の頬の小さな涙をそっと親指でぬぐっていると、今度は彼女から平九郎に抱きつく。そっと抱きしめる平九郎。その手のなかにはていが作った守り袋。顔をあげて額と額をコツンと当てて笑う2人。ピュアな若いふたりの悲しんだり喜んだり戸惑ったり……コロコロ変わる表情がひとつひとつまぶし過ぎる。

藤野涼子の芝居を岡田健史が素直に受けていて、あざとくなく、自然で、優しい気持ちになった。彼らの瞬間の鮮度をそのまますくい取っているかのような演出の田中健二氏は、NHKドラマ制作部のベテランで、朝ドラでも恋愛度の高かった『半分、青い。』のチーフディレクターで鈴愛と律のキュンシーンも多く手掛けた。

●第23回「篤太夫と最後の将軍」見どころ後半

華丸が演じる西郷隆盛の勇壮さ

倒幕の準備に余念がない岩倉具視(山内圭哉)だったが慶喜が大政奉還したため、先手をとられたと苛立つ。そこへ朝廷から呼び出しが来た。明治天皇に頼られ、5年の長い間の蟄居のすえ、ついに出番が来たと張り切る。こうして岩倉の采配で、12月9日、突如、王政復古が宣言された。

それでもなお岩倉の思い通りにはいかない。慶喜を外すことを反対する者もいて、頭が切れるが人徳はないと聞いていたのに……と困惑していると、西郷隆盛(博多華丸)がふらっとやって来て戦をするように進言する。

「戦がしたくなかちゅうならしたくなるようにすっだけじゃあ」と不敵な西郷。演じる華丸は、いつもバラエティで見る雰囲気とは違って豪放磊落と言った感じの力強さを放っている。かつ見開いた瞳もらんらんとしていて華もあった。

一方、岩倉具視はどこか胡散臭い。以前の大河ドラマ『西郷どん』(18年)では笑福亭鶴瓶が演じていて今回は山内圭哉。どちらも関西出身でやわらかく当たりのいい関西弁を発する。公家の胡散臭さを表現するにはやわらかい関西弁が合っているのだろうか。

洋髪になった篤太夫と昭徳の凛々しさ

パリで民部公子は留学生活に入り、それにあたってまげを落とし刀を外し洋服を着なくてはならなくなった。水戸藩士たちは大和魂を失うことを激しく嘆く。

まげを落とした篤太夫は洋装と横分けの髪型がお似合い。和装で曲げ姿も似合っていたが(フォトグラフに映った姿もかっこよかった)、よりイケメン度が上がった。民部公子も洋装が似合っている。外国の人たちからも「皇太子」らしいと高評価。

こうして外国人との交流は続き、多くのことを学んでいく篤太夫。「身分などにかかわりなく誰もがその力を試せる場で励むべきだと」と感化され、この理こそ日の本にうつさねばと熱くなる。

一緒にパリに来た者たちが続々日本に戻っていく中で、パリに残って書記や会計も全部引き受けた篤太夫は運が良かったという印象。もちろん経済に強いというこれからの時代に役立つ能力を持っていたからであるわけだが。洋装にもすぐ馴染むのも次世代の者らしい。

休止明け、篤太夫の活躍と日本の変化を楽しみに待ちたい。第24回の放送は8月15日。

(C)NHK

木俣冬

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加